3月中下旬〜6月中旬と9月中下旬〜11月中旬頃が、グリーンネックレスの挿し木の適期です。水挿しでもよく増えます。

①葉がついている元気な茎を10〜15㎝の長さに切り、挿し穂にします。
②小さい鉢に新しい用土(多肉植物用の培養土など)を入れ、その上に挿し穂を寝かせて置きます。
③明るい日陰に置き、4〜5日後から霧吹きなどで土が湿る程度に水を与えます。
④土が乾いたら霧吹きで水やりをし、1か月ほどで完全に根づいてきたら、通常の管理にします。

水挿しの場合は、挿し穂を清潔な水に挿します。葉は水に浸からないようにします。毎日水を変え、発根したら根の部分が土に触れるように植えつけます。

出典グリーンネックレスの育て方。コツとお手入れ、植え替えや寄せ植えを一挙紹介します|花時間

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

グリーンネックレスの育て方、増やし方、風水、花言葉

緑色の小さな玉が連なって育つグリーンネックレスは、「緑の鈴」とも呼ばれる蔓性の植物です。インテリアグリーンとして人気がある一方、丈夫な性質なので戸外でも育てられます。

このまとめを見る