1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「不適切な取材だった」‥生放送・コメンテーター激怒に様々な声

10日放送の読売テレビのニュース番組「かんさい情報ネットten.」で「男性か女性かどっち?」という性別を聞く企画でコメンテーターが激怒した問題、これを受け、読売テレビは、謝罪のコメントを発表したようです。

更新日: 2019年05月12日

13 お気に入り 63234 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●生放送のニュース番組でコメンテーターが激怒した問題

おはようございます。 #連休明け 真っ青な空が広がるさわやかな朝。 きょうからお仕事という方も、 GWは忙しかった!という方も、 令和本格始動、元気にスタートできますように。 #blue #green #red #青空と新緑と花と #すがすがしい朝 #きょうはレギュラー午後4時47分から pic.twitter.com/CBn5BtdAUU

コメンテーターの作家・若一光司氏が、お笑いコンビ・藤崎マーケットが男性か女性かわかりづらい人の性別を知るために免許証を見せてもらうなどして確認したことに対して

●騒動の経緯

問題となったのは、番組内のコーナー「迷ってナンボ」。お笑いコンビの「藤崎マーケット」が街角で募集した質問に答えていくという趣旨

依頼を受けて、商店街で歩行中だった当該人物を呼び止めると「ちょっと失礼かもしれないですけど、性別ってどちらなのかなって

・「彼女は?」と質問したり、保険証の性別欄を確認したりした

「彼女は?」と質問したり、保険証の性別欄を確認したりした。

相手の同意を得た上で胸部を触り「ちょっとだけやわい」「太った中学生男子の(胸のようだ)」とジェスチャーを交えたコメントも見られました。

「正真正銘の男だったということで、お姉さんに報告へ」「お兄さん、失礼なことを聞いてすみませんでした」というナレーションも入っていた。

・コメンテーターは「個人のセクシャリティにそういう形で踏み込むべきじゃない」と叱責

しかしVTRの放映後、若一氏は「男性か女性かという聞き方、許しがたい人権感覚の欠如ですね」「個人のセクシャリティにそういう形で踏み込むべきじゃない」と叱責

スタジオは一斉に黙り込んだが、若一氏は続けて「こんなもんよう平気で放送できるね。報道番組として、どういう感覚や。ちゃんと考えろよ!

ご本人がテレビに出ることを了解していたとしても、個人のセクシュアリティーに関してそういうアプローチをすること自体が、人権感覚、人権認識にもとります」などと批判

若一氏は地元大阪の歴史や、イスラエル問題、第2次世界大戦の日本軍一等兵を扱った著作で知られる。

●放送終了後には、批判の声が多数上がっていた

若一さんマジの激怒り(珍しい) でも言ってる事はごもっともです 言われるまで気付かなかったけど ホントあれは放送すべきじゃなかった #ten

今回の報道事故騒動で、他人のセクシャリティを聴き込むのが悪いという意識を持ってる人が多いという事実が得られた事だけにはほっとした #ten

なんか若一さんが空気読めなかった人みたいに捉えてる人いるけど空気読めなかったのは店のおばちゃんと制作側だよ。 たまたまいい人だったからちゃんと受け答えしてくれてたけど報道番組で性のあり方を問う側なんだから怒って当然だと思うけどな。

表のアカウントでも言ったが 若一さん怒ってはったな いくら近畿県内放送とはいえこれ問題になりそう? 一部とはいえ時代錯誤な内容で 失礼極まりない したもそれをメディアが放送しちゃうんやもん 怒ってくれるコメンテーターの方がいて良かった #ten

夕方の情報ネットten問題 若一さんよく言ってくれたね。 そこで言わないほうがってコメントもあったけども気づかない人もいてるだろうから(制作スタッフとか)言ってくれて正解だったと思う。 今後tenどーなるんだろうねー。いつも見てたのにー。 #ten #若一

●これを受け、同局総合広報部は「不適切な取材だった、深くおわびします」と説明

【批判多数】「男性か女性かどっち?」性別を聞く企画、読売テレビが謝罪 news.livedoor.com/article/detail… 「プライバシー情報に関する不適切な取材だった。視聴者並びに関係者の皆さまに深くおわびします」と説明した。 pic.twitter.com/5VF5pyfLo3

同局総合広報部は「プライバシー情報に関する不適切な取材だった。視聴者並びに関係者の皆さまに深くおわびします。

事態を重く受け止め、再発防止に向けて取り組む」と説明している。

1 2