しかし消費者ニーズが高度化したいま、食材だけでは決定的な差別化につながらない。今回紹介した事例は、狙いとする客層と利用動機にしっかりとフォーカスし、それに応える業態をつくっているという共通点がある。

出典コンセプトの勝負になった焼肉業界|注目トレンド|業界情報|繁盛店の扉|サッポロビール

色々なタイプのお店が出そうですね。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

焼肉との付き合いに、新たな動きが起きている…なんと焼肉を自分で焼きたくない人が増えている!?

焼き肉といえば、みんなでワイワイ食べるのが大きな魅力といえます。しかし昨今はそうでもないようで、焼き肉をお客にやらせるのは、お店側の怠慢という意見があるようです。確かに韓国式だと店員が目の前で焼くようで、今後2極化が進むのかもしれませんね。

このまとめを見る