1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

auが新プランを発表、4割値下げへ…これにより携帯戦国時代が到来しそうだ!!

スマホの料金の提言を総務省が行ってからしばらくたちますが、そんな中auが新プランを立ち上げて話題になっています。4割値下げも魅力的ですが、動画を比較的自由に見れてその料金というのは大きな強みといえます。おそらく他社も追随すると思うので、戦国時代到来ですね。

更新日: 2019年05月13日

30 お気に入り 48312 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

官民の動きが激しい、携帯業界

今回の総務省による提言は、これまでキャリアが提供してきた料金プランや販売方法をすべて否定するという大胆なものだ。

これから、キャリアは、総務省の意向に沿った、新しい料金プランをゼロベースから作らなくてはいけなくなる。

つまり、我々ユーザーは、また自分が契約しているキャリアの料金体系をイチから理解し直す必要があるのだ。

確かにいま、キャリアが提供する料金プランはわかりにくいところがある。特に、キャンペーンが多くて、いつからいつまで割り引かれるのかが理解しにくい。

ただ、キャンペーンに関しては、他社のキャンペーンにいち早く対抗し、タイムリーに値下げするために、乱発されてきたことも忘れてはならない。

今回、総務省がガチガチの提言を出したことで、各社の料金プランやキャンペーンの競争を阻害する恐れもあるだろう。

なので、ルールの範囲のプランが大切になるのです。

そんな中、auが新プランを発表へ

新たに提供する「新auピタットプラン」「auフラットプラン 7プラス」に加え、家族3人以上の契約で1人あたり1000円を割り引く「家族割プラス」の適用で値下げを実現。

大容量のプランはすでにソフトバンクが提供しているが、月間50GBで、動画やSNSが使い放題というものだ。

最大4割値下げ、魅力的なプランで一杯の様だ

家族割の拡充で「4割値下げ」をうたう点はNTTドコモと共通ですが、最大の違いは7GBでも4割値下げとなる点。

ドコモの場合、新プランで4割値下げとなるのは最小容量の1GBのみで、7GBや5GBなどの中容量では2割の値下げ幅に留まっています。

また、7GB超過後も300kbpsと他プランより比較的高速に通信できる特徴もあります。

NTTドコモが先日、新料金プラン「ギガホ」「ギガホライト」を発表したが、さらにKDDIも今回の新料金プランで4割値下げに対応した格好だ。

様々な声が

このauの新プランに文句言ってる人って、みんなもちろん大手キャリアなんて使ってないよね? 大手使ってて文句言ってるならその人は黙って格安SIMに変えるべき 利用しないのが1番の反論 auが4割値下げプランを発表。容量制限のない「使い放題プラン」も(石川温) - Y!ニュース news.yahoo.co.jp/byline/ishikaw…

auデータMAXプランを見ると、5980円払えば誰でも使えてしまうと勘違いするぞ。家族3人以上でって言うワードを見ないで、契約してしまうユーザーもいるはず。 本当に分かりづらい。 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190513-…

客の取り合いだから家族割が当たり前になってるよね あと、データ無制限も条件付きだしポケットWi-Fi持つのとあまり変わらないと思うんだけどね auが『最大4割値下げ』新プラン発表、データ無制限も今夏提供(Engadget 日本版) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190513-… pic.twitter.com/IGfSrFNooE

1 2