1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

■7日に打者として実践復帰を果たした大谷翔平

5打席に立ち、4打数無安打2三振だった。初安打はお預けとなったが、初打点もマーク。九回はきっちり四球も選び、勝利に貢献した。

翌日も左腕相手に「3番・DH」で先発したが2三振を含む3打数無安打1死球で、2試合連続ノーヒットに終わった。

■しかし、9日のタイガース戦で初安打を放つ

エンゼルスの大谷翔平選手が9日(日本時間10日)、敵地でのタイガース戦に「3番・指名打者」で先発出場。決勝打を含む2安打1打点をマークした。

第1打席で221日ぶりのヒットとなる復帰後初安打を放つと、第2打席には相手のグラブを弾く痛烈な内野安打で223日ぶりのマルチ安打を記録。

状態については「その他の打席も含め、徐々に良くなってきているのかなと思う。もっともっと勝ち試合で活躍できるように。そういう姿を見せられるように頑張りたいです」と話した。

■2日後の試合でもマルチヒットを放つなど、早くも復活の兆しが見えてきた

エンゼルスの大谷翔平投手が11日(日本時間12日)、敵地オリオールズ戦に5試合連続「3番・DH」でスタメン出場し、5打数2安打1打点と2試合ぶりにマルチ安打を記録した。

第1打席は中飛、第2打席は左飛に倒れたものの、3-2の6回は先頭打者として3度目の打席に入り、救援右腕のイノアから痛烈な左前打を放った。

7回の第4打席は左飛に倒れたが、6-2の9回は一死二塁の好機で5度目の打席。救援右腕・ヤカボナスが投じた5球目を捉えると、打球はライナーで右前へ。

■12日は出番が無かったが、13日のツインズ戦で3番・DHで先発出場

ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、敵地でのミネソタ・ツインズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場。

初回、カウント1-2と追い込まれながら厳しい内角球にバットを止めてフルカウントに。7球目、外角低めに沈むチェンジアップを見送り、一塁へ歩いた。

■すると、迎えた第二打席、昨年22発のアーチを放った男に待望の一発が!

カウント3-1からの5球目、ツインズ先発のべリオスが投げ込んだ92.5マイルの速球を弾き返すと、高く上がった大飛球はそのまま左中間スタンドへ。

メジャーでの本塁打は、昨年9月26日の本拠地レンジャーズ戦で放って以来、229日ぶりの一発となった。

大谷翔平令和初ホームラン!! オオタニサン!!!!!

1 2