1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

「銀魂」がついに…人気漫画最終回がネットをざわつかせた!

嘘でしょ…人気漫画「銀魂」が最終回に向けて連載再開!その内容にネットが大騒ぎに…。ほかにも「孔雀王」、「思い、思われ、ふり、ふられ」と人気漫画が満を持して完結へ。一方では「NARUTO」作者が再び動き出している…一人でも多くの人に伝えたくてまとめてみました!!

更新日: 2019年05月14日

15 お気に入り 61096 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

終わる終わる詐欺もここまでか…満を持してクライマックスへ。

critical_phyさん

衝撃的すぎる展開でトレンド入り…「銀魂」が話題に!

「週刊少年ジャンプ」(集英社)での連載を終え、増刊誌「ジャンプGIGA」に“最終回のむこう側”を掲載するも、やはり完結できなかった空知英秋の人気漫画「銀魂」が、5月13日より「銀魂公式アプリ」で連載を再開した。

Twitterトレンド入りの理由は702訓の衝撃的な内容。最新話を読んだファンからは「展開が読めなくて驚きしかない」「終わりに近づいていることを認識させられた」「空知先生がラスボス説」「空知先生が鬼畜すぎて泣いた」といった声があがっています。

原作が更新され、展開がヤバいと普通はキャラ名とかがトレンドに入ると思うのに空知先生が鬼畜すぎて作者名がトレンド入りするのさすが銀魂ファンゴリラに調教されてるね(笑)

どのような結末になるのか…作者急逝の「孔雀王」に注目!

当初は主人公の退魔師孔雀が化け物を退治する1話完結のシリーズだったが、凶皇仏を祭る嬲楽尼とのエピソードから本作の最終的な敵となる闇の密法集団・六道衆(リクドウシュウ)との戦いが開始される。

同作は、密教や神道をはじめさまざまな神話をモチーフとした作風で、オカルト系漫画屈指の名作に。

1988年には三上博史さん主演で日本と香港の合作で実写映画化。1990年には阿部寛さん主演の続編も製作された。

『孔雀王』などで知られる漫画家の荻野真さんが、4月29日に腎不全のため死去していたことが集英社『ヤングジャンプ』の公式サイトで5月10日に発表されました。享年59歳。

「スピリッツ」オフィシャルサイトによると、荻野さんは闘病中も執筆を続け、2作品の最終回を完成させてまもなく訃報が伝えられたという。「孔雀王ライジング」の最終回は、6月27日発売の「月刊!スピリッツ」8月号に掲載予定。

ちなみに。

少年時代の孔雀が裏高野に入門したばかりの頃からを描いている、『孔雀王』の前日譚的作品。

孔雀王の作者の方が亡くなって父親がすきで今も単行本買ってるから続きでないんかなぁと聞いてきたから調べたら、今のシリーズは最終回描いた後だったのね…すごいな……病気でも完結させたのか…

寂しい…「思い、思われ、ふり、ふられ」がついに完結!

恋愛に積極的な朱里と、恋に夢見がちな由奈の2人を軸に、朱里の義理の弟・理央と由奈の幼なじみ・和臣を交えて展開される青春群像劇。2015年に別冊マーガレットにて連載がスタートし、2020年5月にアニメ映画、同年8月に実写映画が公開されることも決定。

「第63回小学館漫画賞」少女向けマンガ部門を受賞し、2019年4月現在、電子版含むシリーズ累計部数は既刊11巻で450万部を突破している。

5月13日に発売された別冊マーガレット6月号(集英社)にて、咲坂伊緒「思い、思われ、ふり、ふられ」が最終回を迎えた。

個性がはっきりくっくきりと描かれているので、心情が刻々と変化していく様子に納得させられてどの子にも感情移入できて、切ない恋模様を応援したくなりました。じっくりと追いかけたい、何度も読み直したくなる作品の一つになりました。

みんな、すごい成長した!!!この感動を、映像化作品でも味わえることを 期待してます!

読者からはこんな意見が!

#思い思われふりふられ 完結おめでとうございます✨ 最終回は寂しさと感動で泣いてしまいました #ふりふら は私の高校3年間を一緒に過ごした青春そのものです。これからもふりふらの4人、そしていつも素敵なお話を届けてくださる咲坂伊緒先生が大好きです 約4年間の連載本当にお疲れ様でした pic.twitter.com/J4YhdiaGxg

一方で…伝説の漫画家再び!「サムライ8」が大反響を巻き起こした!

ONE PIECEと並んでいたジャンプの看板漫画で、特に海外では忍者が題材というのも拍車がかかりワンピースより人気が高いといわれるほど知名度がある。2006年のニューズウィークでは「世界が尊敬する日本人100人」に主人公ナルトがランクインしている。

落ちこぼれ忍者の主人公うずまきナルトが様々な困難に立ち向かい、火の国・木の葉の里の頂点である火影を目指し、日々努力し突き進んでいく。

1 2