1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

私たちは縄文人の『10%のDNA』を受け継いでいるらしい

国立科学博物館や山梨大学などの研究グループは13日、日本人の先祖となる縄文人のゲノムを解析。現代の日本人が約10%を受け継いでいることも判明しました。お酒にも強かったみたいですね。

更新日: 2019年05月14日

12 お気に入り 34417 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・縄文人のゲノムが詳しく分析された

国立科学博物館や山梨大学などの研究グループは13日、日本人の先祖となる縄文人の全遺伝情報(ゲノム)

北海道の礼文島の船泊遺跡で発掘されたおよそ3800年前の縄文人の女性の臼歯から核DNAを抽出し、最先端の装置を作って詳しく分析

縄文人がアルコールの摂取に対する耐性が高いことや耳あかが湿っているなどの身体的特徴を持つことを明らかにした。

・これまでに分かっていたこと

縄文人は日本列島に住んでいた、3000年前より以前の縄文時代の狩猟採集民。

これまでにDNAを調べた縄文人女性が茶色い瞳と縮れた髪を持ち、酒に強いことなどは分かっていた

東南アジアや北東アジアなどが起源と言われているが詳細は分かっていない。

・今回新たに分かった遺伝情報とは?

解析の結果、縄文人の祖先は約1万8000~3万8000年前に、中国大陸に住む現在の漢民族との共通祖先から分岐したと推定。

さらに高脂肪食の代謝に有利となる遺伝子「CPT1A遺伝子」の変異を検出。

ロシア極東部から朝鮮半島、台湾の先住民など東アジアの沿岸部の集団と遺伝的に近く、比較的少ない人口集団で狩猟採集生活を続けていたことも分かった。

・さらに、女性の顔も復元

この遺伝情報から女性の体の特徴を推定したところ、皮膚の色は濃く、髪は細く巻き毛、瞳は茶色で酒に強いほか、耳垢は湿っていることなどが分かりました。

縄文人の祖先は旧石器時代の3万8000年前から1万8000年前に、大陸に住む人たちから分岐したと考えられるということ

台湾の先住民や韓国人、それに極東ロシアのウルチと呼ばれる人々など、東アジア沿岸の南北に広い範囲の人たちと遺伝的に近いことも分かった

現在の日本人の成立を考える上で重要な知見になると期待される。

・私たちはこの遺伝を10%受け継いでいるらしい

現代の日本人は祖先の縄文人が持っていたDNAの約10%を受け継いでいる

脂肪分が多い食べ物を代謝するのに適した遺伝子を持っているのが今回新たに見つかった。

弥生人との混血の度合いは地域によって異なっていたとチームはみている。

現代の日本人が受け継いだ縄文人のDNAの割合は、北海道に住むアイヌ民族で70%、沖縄に住む人で30%弱と高かった。

・この遺伝情報が話題に

1 2