実際のところ、僕の文芸編集者生活20年の中でも指折りの作品であると確信しています。この小説が読者に受け入れられないのであれば、もはやこの世界に文芸なるものは必要なく、僕が編集者でいる意味もない。「人にこのような美しい感情を抱いてもらうことにこそ、文芸の価値はあるのだと」。続

返信 リツイート いいね

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

津原泰水氏の幻冬舎から出版予定の文庫が百田尚樹氏『日本国紀』(幻冬舎)批判のせいでナシになった模様

津原泰水氏の幻冬舎から出版予定の文庫『ヒッキーヒッキーシェイク』が百田尚樹氏『日本国紀』(幻冬舎)批判のせいでナシになってハヤカワ文庫からになった模様を記録。『日本国紀』で炎上の見城徹・幻冬舎社長はテレビ朝日「放送番組審議会」委員長。

このまとめを見る