1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

夜も昼間もとにかく暑い...二階の部屋を涼しくする対策とは?

日本に多い2階建ての木造住宅、またマンションやアパートに住んでいると1階の部屋に比べて2階の部屋がとにかく暑くなります。エアコンを使うのはもちろんですが、日頃からできるだけ涼しい環境になるよう2階の暑さ対策をまとめました。

更新日: 2019年05月27日

5 お気に入り 6410 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mementmementさん

とにかく二階の部屋が暑い…!

2階の寝室で寝ていると、暑くて寝苦しくて目が覚めてしまう・・・なんて経験がある方も多いのではないでしょうか?

二階の部屋が暑くなる原因は…?

夏の強い日差しは室温を上昇させるだけでなく、窓まわりや床、壁などを熱し、周囲にいる人の体感温度も跳ね上げます。

木造の2階は、太陽で焼けた屋根からの輻射熱で天井裏が暖められ、さらに天井からの輻射熱で2階全体の温度が高くなっています。天井裏に熱がこもってしまうため、夜になっても2階の室温はなかなか下がりません。

対策は?

●日光を遮断する

北側以外の窓全てには、窓の外側で太陽光を遮蔽する事が出来る「スダレ」や「スクリーン」などを設置して室内に余分な熱が入らない様に工夫してください。

窓まわりの日射を徹底的にカットすること! 部屋の中に直射日光を入れないのはもちろん、窓の周辺が熱くならないよう、外側から窓全体を覆って日かげにしておきましょう。

窓に断熱シートを貼るのもおすすめ

●「風通し」を良くする

☆風の通り道を作る

夏の風抜けをよくするためには、南北に抜ける「風の道筋」を作ることが肝心です。

対角にある窓をあけると効率よく風が通ります。その時に風を入れる側を大きく開けて風を出す側を細めにすると風の勢いが強くなります。

☆扇風機を窓(外)に向かって回す

扇風機の前面を外側に向け、扇風機の背面を室内に向けます。扇風機は背後の空気を取り込み前方へと流すので、扇風機の正面を外に向けて置くことで部屋の中の熱気を外に向けて流してくれます。

扇風機数台を使い、涼しくしたい部屋の窓に扇風機を置いて、外に向かって風を送るのです。ちょうど、換気扇のように部屋の中の空気を外へ出す感じです。

●インテリアを寒色系にする

実質的ではないかもしれませんが、部屋のカーテンや家具の色を寒色系(明るいブルーや白など)に変えるだけでも体感温度は変わってきます。

1 2