1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

岡田将生から満島ひかりまで!2019年夏は人気俳優の「舞台」が楽しみ

2019年夏は人気俳優たちが演劇の舞台に多数出演。ムロツヨシ×福田雄一『恋のヴェネチア狂騒曲』、向井理×田中麗奈『美しく青く』、東出昌大×太賀『二度目の夏』、満島ひかり×坂口健太郎『お気に召すまま』、岡田将生×木村多江『ブラッケン・ムーア ~荒地の亡霊~』。

更新日: 2019年05月21日

12 お気に入り 18272 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

ムロツヨシ主演×福田雄一演出・脚本のロマンチックコメディー

◆『恋のヴェネチア狂騒曲』(7月5日~28日、新国立劇場 中劇場)

舞台・ドラマと怒濤の快進撃を続ける笑いのヒットメーカー福田雄一が上演台本と演出を務める18世紀のイタリアを舞台にした抱腹絶倒のロマンチックコメディー。

物語の舞台は水の都ヴェネチア。憎み切れないお調子者の召使が、2倍の給料をせしめようと、同時に2人の主人に仕えたことから、帳尻を合わせようと悪戦苦闘を繰り返し、そこから勘違いとすれ違いの「恋の大混乱」が巻き起こる…。

同作には、福田作品でお馴染みのメンバーも含んだ豪華キャストが集結。主演のムロツヨシをはじめ、堤真一、吉田羊、賀来賢人、若月佑美、池谷のぶえ、野間口徹、粕谷吉洋、大津尋葵、春海四方、高橋克実、浅野和之が出演。

向井理が主演する震災後のネオヒューマンドラマ

◆『美しく青く』(7月11日~8月3日、シアターコクーン ほか)

劇作家・演出家の赤堀雅秋が書き下ろすネオヒューマンドラマ。震災で家族を喪い、今は原子力発電所で黙々と働く青年を中心に、誰もが「喪失」を抱えながら生きる日常を深く丹念に描く。

震災で両親と弟を失い、生活のために原発で働く主人公・立花哲也役に向井理がキャスティング。哲也の同僚で元ヤクザだという西健二郎役を大東駿介、哲也と恋に落ちる風俗嬢・杉田美咲役を田中麗奈。

役人の土井秀樹役を大倉孝二(ナイロン100℃)、哲也の向かいに住む老人・鈴木博役を平田満、都会からボランティアにやって来た若者・山田隆役を森優作、同じく田辺真紀役を横山由依(AKB48)。

東出昌大と太賀が『桐島、部活やめるってよ』以来7年ぶり共演

◆『二度目の夏』(7月20日~9月1日、本多劇場 ほか)

東出昌大が主演を務め、太賀と共演する舞台『二度目の夏』が、東京・下北沢の本多劇場にて上演される。東出と太賀の共演は、映画『桐島、部活やめるってよ』(2012年)以来7年ぶりとなる。

岩松了が作・演出を手がける本作。湖畔の別荘を舞台に、ある夫婦と夫の親友、そして彼らの周囲の男女による、“嫉妬”をめぐる物語が展開。東出は、誰もがうらやむような人生を送りながらも、次第に自らの嫉妬に追い詰められていく“夫”を演じ、太賀はその親友役。

さらに“妻”役には、連続テレビ小説「わろてんか」にも出演していた注目の若手女優・水上京香。そのほか、清水葉月、菅原永二、片桐はいり、そして岩松さんも出演。主人公たちを取り巻く個性豊かなキャラクターたちを演じる。

満島ひかり×坂口健太郎によるシェークスピア舞台

◆『お気に召すまま -As You Like It-』(7月30日~9月15日、東京芸術劇場プレイハウス ほか)

原作は、ウィリアム・シェイクスピアの恋愛喜劇『お気に召すまま』。アーデンの森を舞台に、青年オーランドーと追放された前侯爵の娘・ロザリンドの恋模様を描く。

オーランドーを追いかけ、男装して彼の前に現れるロザリンド役に満島ひかりがキャスティング。ロザリンドの正体を知らずに想いを告白するオーランドー役を坂口健太郎、オーランドーの兄オリヴァー役を満島真之介が演じる。

このほかキャストには中嶋朋子、山路和弘、小林勝也といった面々に加え、温水洋一、萩原利久、碓井将大、テイ龍進、Yuqi(UQiYO)、広岡由里子、久保酎吉、中村蒼が名を連ねた。

岡田将生主演による英国サスペンスドラマの日本初演版

1 2