1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ちょっと怖いけどユーモアたっぷり!「妖怪絵本」まとめ

素敵なイラストと楽しいお話に大人も夢中になりそうです。(ようかいりょうりばんづけ、妖怪横丁、でる でる でるぞ、カッパもやっぱりキュウリでしょ?、ばけねこ ぞろぞろ、妖怪の森、めっきらもっきらどおんどん)

更新日: 2019年07月06日

24 お気に入り 5390 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sryamaさん

●ようかいりょうりばんづけ

妖怪3人組は、グルメ覆面調査員。ある日、とうふこぞうは運命の豆腐と出会い、料理番付に載せたところ、妖怪たちに大評判!

豆腐つながりで、こちらの一冊も。 『ようかいりょうりばんづけ』(澤野秋文 作、佼成出版社) 妖怪界の「グルメ覆面調査員」イチオシの豆腐屋さん。 さて、そのお味は・・・!? 人間と妖怪の嗜好の違いに、思わず笑ってしまいました。 いろんな妖怪が登場する、賑やかで楽しい一冊です pic.twitter.com/FMiu9photV

『ようかいりょうりばんづけ』購入 妖怪紹介ページにいきなり脾臓の虫が入ってて期待できるぞ

10/2 #豆腐の日 にちなんで、『ようかいりょうりばんづけ』をおすすめ。人間たちには不評の豆腐屋さんが、妖怪たちには大好評!あっという間に繁盛店に。ところが思わぬ展開に…。グルメな妖怪たちがたくさん登場しますっ! pic.twitter.com/dAOK4iNLPb

●妖怪横丁

おつかいをたのまれた男の子。迷い込んだのは、妖怪横丁!

広瀬克也さんの『妖怪横丁(絵本館)』購入。 本屋で30分くらい悩んでこれに決めた。 男の子がおつかいの途中で迷いこんだのは、妖怪だらけの商店街。 文章こそ少ないものの、背景の書き込みが細かく、隅々まで楽しめる。 うちの子には、妖怪の怖さとかはまだ分からないだろうけど(;´д`) pic.twitter.com/25ZXTILs46

「おかあさんといっしょ」で流れてた妖怪しりとりの歌のおかげで息子が妖怪に興味を持った。妖怪について色々聞かれて困ったので、「妖怪横丁」って絵本を買ってあげたら大喜び!どんな妖怪かは書いてないんだけど賑やかで楽しい。買ってよかったー! twitpic.com/dmz2jv

絵本「妖怪横丁」絵本館。独特な雰囲気の商店街を抜けて行く男の子。お化けと呼ばずあえて妖怪と呼ぶところがまたいい。怖いのに気味が悪いのになんだか愉しげ♪クスクス笑いが聞こえてきそうな妖怪達の世界に見ている子供達も吸い込まれていく。最後のオチに おわっ?となった子供達の姿も可愛かった

●でる でる でるぞ

おじいさんとおばあさんと猫のマツが住む屋敷は、じつは、化け物屋敷。盗人たちが盗みに入って、屋敷の中を物色していると、どんどろべえ!

昨夜の一冊『でるでるでるぞ』2012作・ #高谷まちこ(#佼成出版社)。 お爺さんお婆さんと猫のマツが住む屋敷、じつは…出る! 「じゃ、びーん!」 「ば、びょーん!」 「どろどろべえ!」 妖怪がワラワラ現れ泥棒を追っ払う痛快絵本。 ユーモラスな絵でビビリの3歳児も泣かずに読了。 #読み聞かせ pic.twitter.com/wJNUTmYa4H

『でるでるでるぞ』(高谷まちこ著 佼成出版社 2012.6) 老夫婦と猫が住む家は、お化け屋敷。夜になると、あちこちから、おばけがぞろぞろ出てくる。おばけ達が躍るシーンが愉快。猫の仲間もいっぱいでてきます!見返しにおばけの解説も。絵もユーモアたっぷりですてきです。

9/7オヤスミ絵本②「でるでるでるぞ」佼成出版社。おじいさんとおばあさんとネコのマツが住む古いお屋敷、でるんですよ、おばけが。お釜も箒も植木鉢も…とにかくありとあらゆるものがおばけとなり、夜中にどんちゃん大騒ぎ。おや、3人組の泥棒がやってきた。こんなおばけ屋敷なら、楽しいかもね。

●カッパもやっぱりキュウリでしょ?

野菜のキュウリが好きで好きでたまらないカッパが、ある日出会ったのは緑色の謎の物体。よく見ると、その物体は生きていた!

桃太郎の朗読文章が流行ってる…?私も読み聞かせは大好きで、たまにボランティアで小学生に絵本を読んでいるんです…!最近ウケが良かったのはシゲタサヤカさん作の『カッパもやっぱりキュウリでしょ?』という絵本です。可愛い・かっこいい声は出ませんが、読み聞かせならちょっと経験があります…!

隣の本屋で時間潰してたんだけど「カッパもやっぱりキュウリでしょ?」って絵本売り場で笑ってしまった

#お勧め絵本を紹介する見た人もやる シゲタサヤカさんという絵本作家の本が、私も息子ズも大好き。 全部で10冊も出てないくらいだけど、とにかく発想が面白いし、それに絵柄がとても良く合ってる。 特に「カッパもやっぱりキュウリでしょ?」は予想を超えた展開だった!

●ばけねこ ぞろぞろ

かあさんはねこがだいすき。おれがねこをいじめると、ばけねこにしかえしされるよといっておこる。

石黒亜矢子さんの「ばけねこぞろぞろ」絵本から飛び出てくるんじゃないかって位迫力ある絵に見開きページまであっておすすめです。細かい所まで小ネタがあってそれを見つけるのも楽しみの一つ #石黒亜矢子 #ばけねこぞろぞろ pic.twitter.com/ZZTDLVnaNe

『ばけねこぞろぞろ』読んだ。ほっこりする絵本。ねこかしゃの火で火傷してるネズミがいて茶目っ気あって好き!

石黒亜矢子さんの絵本『ばけねこ ぞろぞろ』入手✨決して長いお話では無いし色々な化け猫が出て来て楽しいんだけど、もうね、トン(茶色のブチ猫)がね、自分にいつもチョッカイ出してた男の子を毅然とした態度で守ろうとするんだ…もうね、涙腺がね…めちゃくちゃカッコイイぞ✨トン…! pic.twitter.com/8pP5ujzxHg

1 2