1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

三浦春馬&多部未華子3度目のカップル共演作も!「注目映画」予告解禁

注目映画の予告編(特報)5作品のまとめ。三浦春馬×多部未華子『アイネクライネナハトムジーク』、窪田正孝×小西桜子『初恋』、TAKAHIRO×市原隼人×岡田義徳『3人の信長』、浅川梨奈×北香那『黒い乙女Q』&『黒い乙女A』。

更新日: 2019年05月24日

5 お気に入り 28280 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『黒い乙女Q』(5月31日公開)、『黒い乙女A』(8月16日公開)

「黒い乙女Q」「黒い乙女A」は、養護施設で育った少女が裕福で優しい一家に引き取られるも、家族のある“秘密”を知ってしまったことで数奇な運命に巻き込まれる物語。

主人公・芽衣を浅川、芽衣より先に養子として一家に引き取られていたラナを北香那が演じる。芽衣を迎える夫婦には和田聰宏と三津谷葉子が扮した。そのほか共演者には、しゅはまはるみ、安藤なつ(メイプル超合金)、笹野鈴々音の名が並ぶ。

映像には、芽衣が何者かに道路へ突き飛ばされるシーンや、「黒い乙女」とつぶやく姿が収められた。

映画ファンを震撼させた「ヘレディタリー 継承」「ゲット・アウト」などをほうふつさせる、禍々しい物語の一端をとらえている。

◆『3人の信長』(9月20日公開)

本作は「我こそが信長」と主張する3人の織田信長と、主を討たれ復讐心に燃える元今川軍の攻防を描いた時代劇エンタテインメント。

3人の中で最も頭がキレるかぶき者の「信長・甲」役をTAKAHIRO、噂通りの貫禄はあるが、ときどき天然な「信長・乙」役を市原、噂通りのうつけ者だが、まったく読めない「信長・丙」役を岡田が担う。

市原隼人、岡田義徳

ドラマ「ラストマネー 愛の値段」「タンブリング」や「HiGH&LOW」シリーズなどの脚本を手がけた渡辺啓がメガホンをとる。

信長・甲役のTAKAHIROが「本物の信長はだ~れだっ!」と挑発的な態度を取り、3人の“自称”信長が同じ動作とタイミングであくびをして「クセも同じ!」と敵が翻弄(ほんろう)されるさまが切り取られている。

◆『アイネクライネナハトムジーク』(9月公開)

人気作家・伊坂幸太郎の初にして唯一の恋愛小説集「アイネクライネナハトムジーク」が、俳優・三浦春馬主演で映画化。

主人公の佐藤と佐藤の恋人・紗季を軸に、佐藤の上司や親友、声しか知らない男に恋する美容師たちが織り成す物語を描く。佐藤役に三浦春馬、紗季役に多部未華子がキャスティング。

監督は『知らない、ふたり』などの今泉力哉。共演に原田泰造、貫地谷しほり、お笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきお、富澤たけしらが顔をそろえる。

予告編では、3度目のカップル共演となる三浦演じる佐藤と多部未華子演じる紗季の雲行き怪しい会話から始まりつつも、二人の出会いの様子が描かれていく。

前2作は『君に届け』『僕のいた時間』

また原田扮する佐藤の先輩が「最近ようやくわかってきたよ。かみさんがなぜ家を出てったのか。でも、彼女でよかったよ」と話す場面や、恒松演じる高校生が佐藤に「出会った人が紗季さんでよかった?」と尋ねるさまも。

終盤には「あれから10年経って、はっきりわかった」という言葉とともに、佐藤が疾走するシーンが収められた。

1 2