1. まとめトップ

合格後のことが知りたい! 高卒認定試験の活かした方まとめ

高卒認定試験の合格を目指す上で重要なのは、合格した後のことです。合格後に就職や進学など、将来の目標があるかないかでは大きな差が生まれるかもしれません。ここでは、高卒認定試験の活かした方についてご紹介します。

更新日: 2019年06月18日

6 お気に入り 1753 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ikpelnkrさん

高卒認定試験はチャンスが多い!

高校であれば、3年間通学しなければなりませんが、高卒認定試験であれば、合格すれば、高卒と同等の扱いを受けることができます。

高校を中退して社会に出た人が、「やっぱり大学に行きたい」と思ったとき、全日制や定時制の高校に入り直すのはとても大変です。通信制高校の場合でも、一定の単位を取得するまでには時間もお金もかかります。

その点高卒認定(高認)試験なら、年に2回(8月・11月)の試験を受けて合格すれば、スピーディに大学や短大・専門学校に進学することができます。

高卒認定に合格したら、どうする?

合格後の進路や気になることをご紹介します。

大学や専門学校への受験が可能になりますが、高卒認定の出来具合では推薦入試でも可能です。

高卒認定を取得して大学の推薦を受けるという方は、高卒認定試験で高い得点を取れるよう頑張って頂きたく思います。
高卒認定の方に内申書は存在しませんが、高卒認定試験の点数をベースとして、A~Cの3段階に評価されたものがそれに当たります。

高卒認定に合格された方が推薦で大学を受験する際の注意点

今の時代、推薦と言っても色んな種類の試験がありますよね。
その中の1つとも言えるのが、AO入試、自己推薦です。
このAO入試も、高卒認定を利用することで受験することが可能です。

高卒認定でもAO入試は受けられる

ここ数年で、企業や自治体の高卒認定への認知度が上がっています。さらに、学歴だけで判断しない様々な人材を求める企業も増えています。

文部科学省が行った調査によると、一般企業の60%以上が高卒認定試験のことを知っているという結果が出ました。各自治体での認知度はもっと上がり、75%以上の認知度があります。高卒認定試験については自治体や文部科学省が積極的にPRを行っており、現在では調査時期よりも更に認知度が上がっているものと考えられます。

企業は、けっしてきれいな学歴の人材だけを求めているわけではありません。順風漫歩に歩いてきた人よりも、人の心の痛みがわかる人間的に豊かな社員を、求めている企業もあるのです。

看護学生採用試験や税務職員採用試験、また入国警備官採用試験などの公務員試験が受験可能になります。

公務員試験を始め多くの各種国家試験の受験資格もクリアされます。
高卒認定試験は、あなたの人生の選択肢を大きく広げるチャンスにもなります。

受験可能なのは一般職の採用試験だけではありません。
高卒認定があれば、看護学生採用試験や税務職員採用試験、また入国警備官採用試験などを受けることもできるようになります。また、防衛大学校や航空保安大学校、海上保安大学校など、さまざまな分野の公務員試験を受験することも可能です。

高卒認定はキャリアにとって重要

高卒認定は資格でもあります。資格はキャリアを積み上げる上で重要です。高卒認定を活かして、自分のキャリアを積み、豊かな人生を送りましょう!

資格と実務経験を持っていれば、転職活動をさらに有利に進めることができます。高卒や高卒認定という学歴は、転職活動に関しては必ずしも不利になるものではありません。
着実にキャリアを積んだり、専門学校などで資格を取得するなど、「手に職」を持つことが大切です。

1