1. まとめトップ

あの会社が断トツ!?家電量販店 売上ランキング 2018

家電量販店の2018年3月期の売上ランキングをまとめてみました。家電製品を買う際や、就職活動の参考にしてみてください。

更新日: 2019年05月16日

1 お気に入り 1131 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

実際に家電量販店で店員として働いている私がまとめました。

売上高  1兆5738億円(0.7%増)
営業利益 387億円(33.0%減)
経常利益 473億円(28.3%減)
最終利益 297億円(13.8%減)
※ベスト電器の業績も含まれています


・2005年に国内の専門店として初めて1兆円を達成
・2010年には2兆円を達成
・2012年にベスト電器を買収

売上高  8440億円(6.8%増)
営業利益 270億円(23.8%減)
経常利益 292億円(20.0%増)
最終利益 171億円(26.8%増)
※コジマの業績も含まれています


・ビックカメラは8月期決算
・2012年にコジマを買収

売上高  6862億円(1.8%増)
営業利益 153億円(0.7%増)
経常利益 161億円(1.0%増)
最終利益 89億円(31.8%減)


・5つの会社が1つになった会社(エイデン、デオデオ、ミドリ電化、100満ボルト、石丸電気)

・不祥事が多く、過去に独占禁止法違反、残業代未払い、社員と元幹部を営業秘密不正取得で逮捕など他多数

・利益率は業界最低クラス

売上高  6805億円(3.4%増)
経常利益 606億円(8.9%増)

・非上場のため決算発表はない
・利益率は断トツで業界トップ
・ネット通販部門の売上は業界1位

売上高  6791億円(3.2%増)
営業利益 307億円(20.4%増)
経常利益 366億円(14.2%増)
最終利益 227億円(12.7%増)


・利益率は業界トップクラス

・アフターサービス満足度ランキングでは5年連続で1位を獲得中

・「がんばらない経営」という経営方針が話題に

売上高  5018億円(16.2%増)
営業利益 170億円(12.9%増)
経常利益 179億円(15.9%増)
最終利益 136億円(34.2%増)

売上高  3917億円(4.6%増)
営業利益 96億円(21.3%増)
経常利益 96億円(20.0%増)
最終利益 55億円(7.5%増)


・家電量販店の中でネット通販部門の売上は2位

・アフターサービス満足度ランキングでは2位を獲得(ネット通販部門では1位)

▼売上高ランキング

1位 ヤマダ電機   1兆5738億円(0.7%増)
2位 ビックカメラ  8440億円(6.8%増)
3位 エディオン   6862億円(1.8%増)
4位 ヨドバシカメラ 6805億円(3.4%増)
5位 ケーズデンキ  6791億円(3.2%増)
6位 ノジマ     5018億円(16.2%増)
7位 上新電機    3917億円(4.6%増)

※ビックカメラは2018年8月期

▼経常利益ランキング

1位 ヨドバシカメラ 606億円(8.9%増)
2位 ヤマダ電機   473億円(28.3%減)
3位 ケーズデンキ  366億円(14.2%増)
4位 ビックカメラ  292億円(20.0%増)
5位 ノジマ     179億円(15.9%増)
6位 エディオン   161億円(1.0%増)
7位 上新電機    96億円(20.0%増)

※ビックカメラは2018年8月期

▼売上高経常利益率ランキング

1位 ヨドバシカメラ 8.90%
2位 ケーズデンキ  5.38%
3位 ノジマ     3.56%
4位 ビックカメラ  3.45%
5位 ヤマダ電機   3.00%
6位 上新電機    2.45%
7位 エディオン   2.34%

※ビックカメラは2018年8月期

■過去のランキング

■関連ニュース

1 2