1. まとめトップ
  2. 雑学

ちょっと疲れる…KYの逆「空気を読みすぎてしまう」人の悩み

空気が読めない「KY」の真逆、空気を読みすぎてしまう人の悩みについてご紹介します。

更新日: 2019年05月16日

76 お気に入り 84637 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を基に作成しています。

■空気が読めない「KY」

K=「空気」、Y=「読めない」で、「空気が読めない」という意味である。あるいは、直接「KY」と忠告すると、「空気を読め」という意味に

「空気が読めない」もしくは「空気読め」を略したもの。ここで言う「空気」とはその場の雰囲気や暗黙の了解のこと

空気が読めない人、身の回りにいませんか?全く、一体どういう神経をしてるんだ!…と思うこともあるでしょう。

■このKYと真逆「空気を読みすぎてしまう人」

その場の空気を瞬時に読みとり、その都度適切な発言や行動できる能力は、重要です。集団同調圧力の強い日本社会ではとくに求められる場面も多い

空気が読めない人、いわゆるKYな人には困ってしまいますが、世の中には“空気を読みすぎる人”というのも存在します

場の空気を読んで敏感に察知し、スムーズな行動に結びつくのならいいのですが、あまりにも繊細なため、余計なことまで気になりすぎて、かえって引っ込み思案に

■空気を読みすぎてしまうことで悩んでいる人がいる

独り相撲だと思う時もありますが、こんな自分、しんどいな〜と思います。

家族に気を使う生活を長年しているせいかすぐ『あ、今ムカついてる』とか感じ取ってしまい更にそれに気を使う⇒疲れる この繰り返しです

自分よりも他人を優先して考える優しい人に起こりがちな問題です。本心とは違うことを言い、不本意な行動をとってしまったら、後から間違いなく、後悔

■空気を読みすぎて疲れてしまう…

空気を読みすぎると、いつも相手の顔色をうかがうことになるため落ち着きません。さまざまな立場の視点を同時に考えなければいけないため、気苦労もストレスも増大します。

空気を読み過ぎると、いつも自分を抑え込むことになるので、その分ストレスもたまります。

気を使われると相手も気を使いますし、本心を知ることができないと相手も本心で話すことができません。

実は相手も疲れているということを知った方がいいです。

■また、空気を読みすぎると周囲から敬遠されることも

社内を見回すと、空気を読んで行動することにずば抜けて長けていたのに失脚していく人間も

日本で「忖度」や「空気を読む」ことは歓迎されるにもかかわらず、「空気を読みすぎて失敗してしまう人」がいます。それは「忖度しすぎる人」

皮肉なことに、ほとんどの人は他人を喜ばせようとする人を見ると不愉快になり、興ざめします。

■空気の読み過ぎは「過剰同調性」が原因のことも

人と会うと疲れる、いっそ一人の方がラクかもと思うけれど、寂しいし怖い… それはもしかしたら、「過剰同調性」が原因かも

言葉通り、周囲に過剰に同調してしまう、空気を読みすぎてがんばりすぎてしまってストレスを抱えている状態です。人と境界線が上手にとれない人

友人関係で悩んでいます。周囲から嫌われたくなくて、違うなと感じながらも「かわいい」「いいね」と言ってしまう自分に疲れます。

1 2