1. まとめトップ

スマートシティの問題点と解決策:IoTとブロックチェーン

都市部の人口増加でますます必要になるスマートシティ。IoTセンサー、AI(人工知能)、機械学習などインダストリー4.0の技術発展とブロックチェーン技術の進化により、持続可能かつ便利な社会が到来しようとしています。

更新日: 2019年05月21日

2 お気に入り 344 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

スマートシティを支えるのはIoT技術。IoTセンサーから集めたデータのセキュリティ確保にはブロックチェーンが最適です。さらにオープンソース技術をシステム基盤として選べば世界中の都市間での効率的なシステム運用が可能になるので、日本企業にも最適なソリューションを各都市に向けて提案して欲しいですね。

スマートシティとは?ひとことで言うと

スマートシティとは、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の先端技術を用いて、基礎インフラと生活インフラ・サービスを効率的に管理・運営し、環境に配慮しながら、人々の生活の質を高め、継続的な経済発展を目的とした新しい都市のこと

水道や空気の質、ゴミの分別、交通やエネルギー消費の効率化など、IoT技術を使って持続的な都市の発展をサポートするということですね。

世界のスマートシティ事例。サンアントニオ→天候に応じて街灯を調整。シカゴ→予測的アナリティクスにより、ネズミが発生するゴミ収集所を予測し事前に対策。また、利用しているコードをオープンソース化。 / “世界のスマートシティ--より…” htn.to/MZN9x62

テクノロジーがもたらすメリットについて、多くの人が理解を深めたことで、「スマートシティ」に対して肯定的な印象を持つ人が多いことが、調査結果により明らかになりました。 @Which50 #IoT #smartcity intel.ly/2y8eNCK (英語) pic.twitter.com/DWa3GPxu6p

スマートシティ実現には市民の技術への理解が不可欠?

日本のスマートシティプロジェクトは2010年頃から本格的に始動した

日本でも経済産業省主導のもと、横浜市・豊田市・けいはんな市・北九州市の4か所それぞれでスマートシティの実証実験が行われ、2018年11月に開催された次世代エネルギー・社会システム協議会(第18回)にてその成果が最終報告された。

スマートシティの問題点①:データの独占、安全が問われている?

「世界のスマートシティをGAFAのデータ独占から守れ」日本がG20で提案へ #スマートシティ #IoT #G20 #IT経営 #センシング tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/colum…

GAFAとはご存知、Google、Amazon、Facebook、Appleのこと。データの独占や企業による私的利用が蔓延すれば、スマートシティは市民にとって便利なだけでなく危険なものにもなり得ます。

データの安全保存、適切な利用にはブロックチェーン

データの独占問題は、パブリック(非許可)型のブロックチェーンでなければ解決しない

プライベートチェーン
【デメリット】
管理者が限定されるため、中央管理者によるデータの改ざんや恣意的な運用の危険性がある

パブリックチェーンは、公共性や真正性などを担保でき、データの透明性に優れています。パブリックチェーンは整合性の取れたデータをブロックチェーンに記録するために、ネットワーク参加者全員のコンセンサスを得る必要があることから、データの処理速度はプライベートチェーンと比べて遅い傾向にあります。

プライベートブロックチェーンに比べ、データの処理速度といったパフォーマンス面のデメリットがある

スマートシティに最適なのはどちらのメリットも併せ持つハイブリッドなブロックチェーン

このようにAMB-NETはプライベート・ブロックチェーンが持つ速度やスケーラビリティ(拡張性)に関するメリットと、透明で改ざん出来ないため信頼出来るデータ管理を実現するパブリック・ブロックチェーンの特性を併せ持っているのです。

スマートシティの問題点②:現状ではシステムの整合性が無い。必要なのはオープンソースのプラットフォーム

オープンソース (open source)とは

「好きに見ろ!」とソースコード(ソフトの中身)が公開されていること。

もしくは

ソースコードが公開されていて「中身を改造したり、改造したものを配ったりしてもOKですよ!」なソフトウェアのライセンス

です。

オープンソースの主なメリットとして、以下の3つをあげることができます。

・自由にカスタマイズが可能
・自分で問題の発見や解決ができる
・開発元の倒産などで使えなくなることはない

シカゴ市では、利用しているコードをオープンソース化して、世界中からアクセスできるようにすることで、スマートシティの取り組みを広めようとしている☆|世界のスマートシティ--より快適に、安全にIoTで進化する都市の取り組み japan.zdnet.com/article/350739…

電気自動車が普及するにつけ電気インフラ、スマートシティが普及するでしょう。そのためにもオープンソースは重要ですね。コミュニティ全体で時代を変えていく。これはクリプトにも通じるものですね。"Ethereum" "just killing"の真意はこれかもしれない。

1 2