1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

恋愛要素や毒のある作品も!巧妙な駆け引きが面白いカードゲーム系マンガ

カードゲームを題材にした漫画と言えば遊戯王!でもカードゲームは少年漫画だけの専売特許じゃありません。少女マンガにも面白いカードゲーム系漫画があったんです。恋愛を絡めたものや毒のある作品など、おすすめのカードゲーム系漫画を紹介。

更新日: 2019年05月21日

6 お気に入り 4496 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

神通百力さん

▼カードゲーム漫画の金字塔

作者:高橋和希

武藤遊戯は誰も完成させる事ができなかった『千年パズル』を祖父から受け継いだ。
そしてある晩、武藤遊戯はついにパズルを完成させたのだった。

今回本作を初めて読んでみたけど最初の方のカードゲームが本格的に始まる前の話もストーリーがしっかりしてて面白い。主人公の闇遊戯がダークヒーローという感じで不気味さもある

一般に低年齢向けの作品として分類されるが、独特な味のある画風、それぞれのゲームの工夫を凝らした展開、劇的、戦略的なデュエルなど、作品としてのレベルはかなり高い水準にある

大人気カードゲーム遊戯王を生み出した原作漫画であり、漫画単体で見てもかなり完成度の高い作品

▼コロコロが誇るカードゲーム漫画

作者:松本しげのぶ

切札勝舞は三年ぶりにデュエル修行から帰ってくる父親とデュエル名人のNACを迎えに行くために空港を訪れる。
しかし、そこに父親の姿は見当たらず、ボロボロの姿になったNACだけが帰ってきていた。
勝舞は父親はどうしたのかと問いつめるが、NACは知らないとだけ言い残して去っていった。

トレーディングカードゲーム、マジック・ザ・ギャザリング(MTG)を漫画化した本書は、MTGを知らない人でも気軽に読める物です

本のタイトルはデュエル・マスターズですがマジック・ザ・ギャザリングのカードゲームの漫画です。デュエル・マスターズのカードゲーム漫画は7巻からです。切札勝舞たちの人間関係、ストーリーに興味があれば1巻から読むのが良いかと思います

▼CHAOSはポーカーのルールを基準に!

作者:立野真琴

水見まなみは従兄の風真保に勧められ、人気カードゲーム「CHAOS」に興味を持つ。
まなみは購入したスターターセットでレア中のレアカードといわれる「大魔道士サガン」を引き当てたことで、各方面のデュエリストから狙われてしまうのだった。

カードの王様は少女マンガにはめったにないカードゲームを主体に書かれている

カードのイラストも綺麗で、ストーリーだけでなく楽しめます

誰もが憧れるカードを持ってるので皆の注目の的となるヒロインだが、そんなヒロインに手助けしてくれる仲間が増えていく。カードゲームを通してそういった繋がりが描かれている作品

▼宇宙規模のカードゲームバトル

作者:柴田亜美

惑星ミレニアムの王子・スカイは平和な地球にやってきた。その目的は世界各地に散らばった大切な「落とし物」を探すことだった。

柴田先生の根幹にある「毒のセンス」というものがこの作品でも散りばめられており、面白い

柴田亜美 先生といえば、このようなテイストの漫画だと思います。ナマモノあり、ガチムチありですね

▼オズの魔法使いがモチーフの仮想空間内でのカードバトル

原作:岩井恭平 作画:刻夜セイゴ

あらゆる問題が氾濫する近未来で、その解決策として生み出されたのが究極の省エネルギー仮想空間『GAIA』だった。
『GAIA』に住んでいる少年・ユーリは、いつもと同じ仮想空間で「Oz」と書かれた一枚のカードを拾った。
しかし、ユーリはカードを拾ったことにより現実世界へ戻れなくなってしまう。
そんなユーリの目の前に、不敵な笑みを浮かべる一人の少女が現れた。

痛覚が遮断された仮想空間で生きることが当たり前になり、人々が痛みに鈍感になった中で痛覚を与えられバトルに巻き込まれるという設定が面白い

▼恋愛が主軸のカードゲーム漫画

作者:秋★枝

Wizard's Soul(WS)と呼ばれるTCGが世界的な人気スポーツとして流行し、WSの強さが知識・技量・運のバロメーターとして、なによりモテるために必須とされていた。
そんな中、一之瀬まなかは同級生の櫻井瑛太と友人以上恋人未満の緩やかな関係を築いていたが、父親がレアカード詐欺に遭ったことで多額の借金を追ってしまう。
まなかはこのままでは家族の平穏な生活が失われることを予感し、WSの大会に出場して賞金を獲得することを決意した。

TCG漫画だからどんなもんかと読んでみたらおもしろーい!ゲーム漫画としても恋愛漫画としてもとても満足度高いぞ

ほどほどに恋愛のエッジがきいていてキュンキュンしつつもカード戦が面白いです。基本的にルールの説明とかは最低限、だけどプレイヤーの反応や、随所に入るわかりやすい解説でかなり楽しく読めます

1