性、産業別に平成27年度の年齢調整死亡率(人口千対)をみると、男は「鉱業、採石業、砂利採取業」が31.4で最も高く、女は「複合サービス事業」が6.5で最も高くなっている

出典https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/15jdss/dl/gaikyo.pdf

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る