1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

どう変わる?2021年以降の「大学入学共通テスト」

多くの受験生が通過する「センター試験」。かつては「共通1次」と呼ばれた歴史も持つ試験が、2020年度より「大学入学共通テスト」に名称が変わります。科目数や内容に大きな変化はないようですが、一体何が変わるのでしょうか。

更新日: 2019年10月11日

14 お気に入り 9742 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kteaynauさん

■国立大学を受験するに当たって必須のセンター試験

大学入試センター試験は各大学が、大学入試センターと協力して共同で実施します。

国公立大学の一般入試受験者は、原則、センター試験を受験しなければなりません。また、多くの私立大学でもセンター試験の成績が利用できる「センター試験利用方式」を設定しています。

■そのセンター試験に内容の変化が

現在の大学入試センター試験(以下「センター試験」)は2019年度(2020年度入試)で終わり、2020年度(2021年度入試)からは「大学入学共通テスト」に変わります。

■思考力・判断力・表現力が求められるように

大学入試の抜本的な改革で、「知識・技能」だけでなく「思考力・判断力・表現力」など総合的な「知識・技能を活用する力」が求められます。

「国語」、「数学I」、「数学I・数学A」については、マークシート式問題に加え記述式問題を出題する。

▼国語

国語では、20~30字程度、40~50字程度、80~120字程度を記述する問 題がそれぞれ1問ずつ出題される。

それに伴い、試験時間も80分→100分に延長。

記述式問題の出題範囲は、「国語総合」(古文、漢文を除く)とする。

ただし、古典もマーク式問題はあるので注意。

▼数学

記述式の問題は、数学Iにおいて設定することとし、マーク式問題と混在させた形で小問3問が出題される。

図表やグラフ・文章などを用いて考えたことを数式などで表したり、問題解決の方略などを正しく書き表したりする力などを評価する。

■マーク式問題にも変化が

次期学習指導要領の方向性を踏まえ、各教科・科目の特質に応じ、より思考力・判断力・表現力を重視した作問となるよう見直しを図る。

連動型複数選択問題、正解が一つに限らない問題、解がない問題、必要な数値や記号等をマークする問題などを導入

「合っているものを全て選べ。」という設問だと消去法が使いづらく、難易度が上がりそう…。

■さらに、英語では民間試験の利用も…

大学入学者選抜においても、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を適切に評価するため、「現に民間事業者等により広く実施され、一定の評価が定着している資格・検定試験」を活用する。

採用される民間資格:
1. ケンブリッジ英語検定
2. 英検(新方式)
3. GTEC
4. IELTS
5. TEAP
6. TEAP CBT
7. TOFEL
8. TOEIC

受験生はこれらの試験を年に2回受け、その結果が受験大学に渡ることとなる。

1 2