1. まとめトップ

令和元年の夏「藤井フミヤ」がツアー&アルバムで再ブレイク!国宝級の伝説へ

デビュー35周年&ソロデビュー25周年『35周年記念公演「十音楽団」スペシャル』WOWOW#ライブ放送#藤井フミヤ#歌#チェッカーズ#TRUE LOVE#CD#DVD#ツアー#十音楽団#アルバム#フジイロック#フミヤ劇場#ハワイツアー#FF限定ライブ#クリスマスライブ#手塚治虫#ジャケット#ロック

更新日: 2019年05月19日

1 お気に入り 3929 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

デビュー35周年&ソロデビュー25周年・藤井フミヤのツアー『十音楽団』&アルバム『フジイロック』

花が好きさん

藤井 フミヤ(ふじいフミヤ、1962年(昭和37年)7月11日 - )は、日本のミュージシャン、俳優。元チェッカーズのリードボーカル。福岡県久留米市出身。本名および旧芸名は、藤井 郁弥(読み同じ)。弟は元チェッカーズのサックスプレイヤーでミュージシャンの藤井尚之。長男はフジテレビアナウンサーの藤井弘輝。

▼藤井フミヤは、デビュー35周年&ソロデビュー25周年

2018年9月から、チェッカーズでデビューして35周年、ソロデビューして25周年のアニバーサリーイヤーに突入した藤井フミヤ

2018年

2018年はフミヤがチェッカーズでデビューして35周年、ソロデビューしてから25周年のアニバーサリー。チェッカーズのデビュー日でもある9月21日にファンクラブ限定の「FF MEMBERS ONLY 35 Years of FF」が東京国際フォーラム・ホールAで行われる。そして、9月22日の東京国際フォーラム・ホールAを皮切りに「35th ANNIVERSARY TOUR 35 Years of Love」を25都道府県35公演行われる。

2019年

「令和もよろしく お願いします。」藤井フミヤ

新しい時代、 令和がスタートです。 自分の人生の後半の時代。 野球で言えば 7回くらいかなぁ。 望む事は健康と平和です。 新しい時代も共に 生きてゆきましょう。 いい時代にしましょう。 いい思い出を沢山 作りましょう。 令和もよろしく お願いします。v(^-^)v フミヤ

藤井郁弥(藤井フミヤ)は、「チェッカーズ」のリードボーカル

チェッカーズ(THE CHECKERS)は、1980年代から1990年代前半にかけて活動した男性7人によって構成された日本のポップスバンド。福岡県久留米市にて結成。

藤井郁弥(現:藤井フミヤ):リードボーカル
チェッカーズ結成前は、カルコークというバンドでボーカルをしていた。通称「フミヤ」。ファンの間からは「やっしゃん」とも呼ばれる。

チェッカーズのデビューシングル「ギザギザハートの子守唄」

「ギザギザハートの子守唄」(ギザギザハートのこもりうた)は、1983年9月21日にリリースされたチェッカーズのデビューシングル。

1992年にチェッカーズは解散、翌1993年から「藤井郁弥」を「藤井フミヤ」に改め、ソロ活動を開始した。

藤井フミヤ「TRUE LOVE」

1993年11月、「平成」屈指のラブソングとして今なお愛され続けているナンバー「TRUE LOVE」を発表した藤井フミヤ。あれから25年。そして、彼のミュージシャンとしての スタートでもあるチェッカーズのデビューからは35年という時が流れた。

【ちょうど25年前】1993/11/10 藤井フミヤ シングル「TRUE LOVE」発売 1位 / 202.3万枚 前年にチェッカーズを解散し、ソロ活動第1弾として発表された楽曲。 高視聴率となったドラマ「あすなろ白書」主題歌となり大ヒットを記録。 今年はソロ25周年に加え、チェッカーズのデビュー35周年を迎えた。 pic.twitter.com/SsRmc7pBPD

▼藤井フミヤのツアー『十音楽団』

アニバーサリーイヤー後半となる2019年は、7月6日(土)から全国ツアー第2弾がスタート。今回のツアーのために結成した、藤井フミヤとバンド&弦カルテットによる10名の「十音楽団(toon gakudan)」で全国をまわるという。

「十音楽団」は、2019年7月6日から16都市26公演で行なわれるツアー

7月6日からは16都市26公演で行なわれるツアー『十音楽団(とおんがくだん)』を開催する。

藤井フミヤ全国ツアー決定!「楽団」結成!その気になる内容は!?藤井フミヤのデビュー35周年を記念して、10人の演奏家で奏でる全国ツアー【十音楽団】の開催が決定した。 1tube.info/2019/04/%E8%97…pic.twitter.com/Vzp7hoHOPv

「十音楽団」は、藤井フミヤを加えた10人の演奏家

十音楽団(とおんがくだん)は、藤井フミヤを加えた10人の演奏家が、4幕あるいは5幕の幕立てで“ひとつの物語”を語るような曲目と演出で構成されるコンサートだという。

#藤井フミヤ 『35周年記念公演 藤井フミヤ “十音楽団”』 10人の演奏家で奏でる華やかなサウンド “十音楽団”、 藤井フミヤ史上初の試み「フミヤ劇場」上演!! 公演詳細はこちら l-tike.com/concert/mevent… pic.twitter.com/abgah1qjLj

「十音楽団」のコンサートは、新感覚のステージ

エンターテインメント性の高いコンサートを追求してきた彼は、さまざまな仕掛けも考えているそうだ。
「1章、 2章……と、演劇のように章立てしつつ、音と音楽で全てのストーリーがつながっていくような構成を考えています。現代アートのような、聴き手にいろいろ想像してもらえる世界観を表現できたらいいですね。照明も演劇用のものを使ったりしています。事前に全てを決め込むアドリブのないコンサートは初めての試みで、あまり見たことのない新感覚のステージになると思います」

1 2