1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

イーストウッド監督・主演の作品も!今月発売の洋画DVDまとめ【2019年6月】

2019年6月に発売となる映画DVDの中で、オススメの洋画をまとめました。(バトル・オブ・ザ・セクシーズ、ゴッズ・オウン・カントリー、メアリーの総て、Love,サイモン 17歳の告白、サイバー・ミッション、メリー・ポピンズ リターンズ、運び屋)

更新日: 2019年06月21日

9 お気に入り 4999 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sryamaさん

●バトル・オブ・ザ・セクシーズ

女性テニス選手ビリー・ジーンと当時55歳になっていた男性テニス選手ボビー・リッグスの間で行われた「性別間の戦い」という「男女対抗試合」が描かれる

バトル・オブ・ザ・セクシーズ、超絶大傑作。なかなかにひねったタイトル。男性主義者vsフェミニストの"世紀の対決"。理不尽な扱いへの怒り、やるせなさすら、ド派手なショーに吸い込まれていく。それでも彼女は戦う。コートに響く、ボールの弾ける音がエキサイティング!耳に残る音楽もグッド。 pic.twitter.com/XB2Wo3lHdY

バトル・オブ・ザ・セクシーズ、とってもよかった(とってもよかった)泣 なんかこう…私もオーディエンスの1人で試合を見、スタンディングオベーションでビリー・ジーン・キング!!って叫びたい pic.twitter.com/VWXpR9jXq8

バトル・オブ・ザ・セクシーズ、え凄い、めっちゃいい、めちゃくちゃいい!!!!!号泣して最後は画面を観られなかった… もっとこう「女が男性至上主義を打ち負かす!」みたいな分かりやすい映画かとおもってたら全然違った、全方位に丁寧な丁寧な話だった、すごい凄いよ…いいよ…

●ゴッズ・オウン・カントリー

イギリスのヨークシャーを舞台に一人の青年の苦悩と成長描く、心揺さぶられる愛の物語。

「ゴッズ・オウン・カントリー」。この清々しさは、どこから来るのだろう?世界の果てのような土地で、酪農を営むことの退屈さ、寂しさ、切なさ。それに抗しながら生きる人達。風景の美しさもあいまって、その土地に満足しながら暮らす。それこそが神の恵みし地なのだと思った。とても優しい映画です。 pic.twitter.com/N49zuuRj4X

「ゴッズ・オウン・カントリー」 ハッピーエンドのブロークバックマウンテンと思ってたけど、牧場仕事するブエノスアイレスだった。 「ゲイ」であることへの外圧がないこういう映画がもっと増えてほしい。 ゲオルゲってばスパダリすぎない? おばあちゃんがいい距離感で大好き。

「ゴッズ・オウン・カントリー」(god's own country)があまりにも良すぎて今週2回目観て来た。境遇は違うけど孤独でツラい日々を過ごしてきた2人だからこそ幸せを願わずにいられない。ずっと厳しかったお父さんがお風呂介助のときに言ったThank youにもジーンときた。あと何と言っても子羊可愛すぎる^^

●メアリーの総て

19世紀イギリス。小説家を夢見るメアリーは“異端の天才"と噂される、妻子ある詩人パーシー・シェリーと出会う。

昨日ですが、こちらを!壮絶すぎて感想が言語化出来なかったです! 結論だけ言うと非常に良かったです! あの年齢の目の前の事が世界の全てに感じてしまう事を考えるとその心情を考えるに壮絶の一言でした! そしてそんな事を考えると邦題をメアリーの総てとしたセンスにも脱帽です! pic.twitter.com/0MXJsujEiO

メアリーの総て 観賞 フランケンシュタインを生み出すメアリーシェリーの情熱的な2年間に惹き込まれる 凛とした部分と不安定な2面のエルファニングの演技もいい pic.twitter.com/LGcPTftPQz

今年一番かも。フランケンシュタインが愛読書なので是非!と観に行ったが予想外の感動&号泣&嗚咽で映画館で困ったことに。この物語をロボティクスと倫理という視点から捉えていたが新たにフェミニズムの視点が加わった。監督がサウジ出身女性アルマンスールだということも重要な事実。 #メアリーの総て pic.twitter.com/C3mbS35aSS

●Love,サイモン 17歳の告白

サイモンは両親と妹の明るい家族に囲まれて暮らす普通の高校生の男の子。しかし、実はゲイであるという秘密を抱えていた。

ゲイである事を隠す主人公が学校の匿名掲示板で同じ悩みを持つ同級生と出会い、成長していく姿を描いた『Love,サイモン 17歳の告白』鑑賞。LGBTである事を家族や友人にCOする行為に恐怖や疑問を抱く主人公の姿にとても共感しました。また全体的に明るくポップな仕上がりで非常に観易く、オススメです。 pic.twitter.com/K1g0aFU8Fa

「LOVE,サイモン 17歳の告白」鑑賞。 めっちゃ面白くて良い映画でした。 本当にアメリカの高校生憧れるぅぅ。 LGBTをカミングアウトするのは本当に勇気がいると思うし、とても尊敬してます。そしてLGBTへの差別、馬鹿にする人達が少しでもいなくなる事を願います。ニック・ロビンソン君めっちゃ可愛い pic.twitter.com/GBTAhRKyWV

『Love, サイモン』とても良かった。自分は平凡と言いながら家族にも友にもゲイと告白することができない17歳のサイモン。揶揄やアウティング、カミングアウトの葛藤も恋の喜びも丁寧に描いてなお、ポジティブな世界を提示する物語。この映画はセクシュアリティに悩むあなたへの贈り物、祝福、始まり。 pic.twitter.com/6jRhSiKmFU

●サイバー・ミッション

史上最悪のサイバーテロを阻止するため、選ばれたのは自宅警備員! ?最強のホワイトハッカーVS最凶のブラックハッカー

サイバー・ミッション ハッカーでニートの主人公が敵のボスの山Pにハッキングで戦ったりライバルと協力したりするお話。 ハッキングするシーンとかかっこいい(けど現実に起きたらこわい)し、カーチェイスやドンパチするから面白い あと悪役山Pめっっちゃ美人(魅力的すぎる) pic.twitter.com/XL86Vhh0PC

『サイバー・ミッション』 コミカルで災難に巻き込まれる感が出てたハンギョンの演技は見ていて楽しかったし、山Pの不気味な雰囲気は良かったし、英語の発音がとても綺麗でこれからも海外映画に出演して欲しい。 #twcn

サイバー・ミッション(新宿ピカデリー) 期待値低めだったけどエンタメ作品としてよくできてた。アクションありカーチェイスあり友情ありラブありで楽しめた。音楽が好み。アジア系悪の組織のアジトには何で必ず水が張ってあるのか。無表情な山Pも異様な雰囲気出しててよかった。 #サイバーミッション

1 2