1. まとめトップ

令和時代の新常識!太る「スマホ」の真実!「寝る前のダラダラスマホいじり」をきっぱりやめられる対策

寝る前のスマホいじりって、なぜかやめられないんですよね。でも、布団の中でスマホをいじると眠りが浅くなりますし、そうすると寝起きも悪くなります。就寝時間の遅れによる寝不足も重なり、仕事にも美容にも、はては体型にまで悪影響が!

更新日: 2019年05月19日

3 お気に入り 802 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

気になるニュースを料理します。皆様の役に立てるよう頑張ります。

hayate15さん

■仕事・美容・ダイエット……まずは悪影響を心に刻む!

出典cancam.jp

(1)仕事
寝不足で頭がぼーっとした状態で、通勤電車に揺られるところ、せわしなく仕事をこなすところを想像してみてください……私なんかはこれだけで「昨夜ちゃんと寝ていれば」と後悔しちゃいそう。

(2)美容
メイクのときに鏡を覗いて、腫れぼったい目やむくんだ顔に愕然とした経験もあるはず。お肌の新陳代謝だって寝ている間に行われます。ツヤツヤ美肌を作る時間が「だらだらスマホ」に刻一刻と失われるのはもったいないです。

(3)ダイエット
寝不足は脳の満腹中枢を狂わせ、過剰に食欲を湧かせます。つまり「寝不足は太る」んです!

夜にスマホを使うと太る

2013年の論文で、夜にスマホやパソコンを使うと太るというデータが

11~18歳の若者632名を対象にした研究で、午後にスマホやパソコンを使う頻度が多くなればなるほど体重が重くなる傾向があるということがわかっています。

自然な睡眠を誘う「メラトニン」というホルモンがありますが、スマホなどの光を夜に浴びると、このメラトニンの分泌量が抑制され、寝つきが悪くなってしまいます。

睡眠を改善

睡眠を質の高い状態にするだけで肥満も正常な状態に改善

仕事の効率や集中力を上げるということも睡眠を改善することにより良い効果を得られる

ところが、ダイエットを考える場合多くの人は最後の運動から始めようとしてしまいます。そうすると脳が最適な状態になっていないので運動もきつくて続かなくなります。

■だらだらスマホをキッパリやめる! コツは「仕掛け」と「きっかけ」作り

「仕掛け」や「きっかけ」をあらかじめ準備しておくことで、半ば強制的にやめるという方法がオススメ

見始めるときにアラームをセットする

15分~20分くらい息抜きしたらアラームが鳴るようにするのです。

楽しい記事に没頭していても、ハッと我に返って画面を閉じることができます。

入浴後は見ない、とマイルールを決める

「スマホを見ていいのは入浴前まで」と決めましょう。

そして慣れるまでは入浴前に電源を切ってしまうのが効果的

ベッドサイドに充電器を置かない

布団の中でスマホをいじってしまう人は、布団やベッドから離れた場所に充電器を置きましょう。

Twitterに「寝る」と書き込む

出典cancam.jp

寝る予定の時間が来たら、Twitterにあえて「今から寝ます、おやすみなさい」という宣言をしてしまいましょう。会話の相手に知らせるだけでなく、文字で見ることで自分も「ああ寝なきゃ」と思う効果があります。

LINEも「そろそろ寝るね」と会話をストップさせ、返信すべき用件があれば「また明日連絡する」と伝えましょう。(返信を忘れないよう、メモをとっておくのも安眠のコツです!)

良質な睡眠はアンチエイジングにも重要です。

女性の場合であれば高い化粧品やエステよりも科学的には効果があります。ぜひまずは睡眠から見直してみて下さい。

1