労働者の過重労働に対しては厳しい監視体制が敷かれ、原則10時間の労働時間を超える残業を従業員が不当に強いられた場合は、その事業主や管理職の責任者に罰金が科せられます

出典新しいワークスタイル! 労働時間貯蓄制度とは?

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る