1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

今夏にJリーグ復帰!?酒井高徳の「去就」が注目を集めてる

これだけチームのために頑張ってプレーしているにもかかわらず、あのブーイングは悲しいですね。

更新日: 2019年05月20日

5 お気に入り 9701 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■19日、ブンデスリーガ2部の最終節が行われた

ハンブルガーSVは1年での1部復帰ならず

19日にブンデスリーガ2部最終節が行われ、元日本代表DF酒井高徳とFW伊藤達哉が所属するハンブルガーSVはデュイスブルクと対戦。

ハンブルガーSVが3-0で勝利を収めたものの、チームは4位となり、1年での1部昇格という目標を達成する事は出来なかった。

■この試合に途中出場した酒井には容赦ないブーイングが…

ベンチスタートだった酒井は83分から途中出場も、サポーターからの大きなブーイングが響き、ボールを触る度に指笛がならされた。

同僚のDFファンドロンヘレンは「あれは酷かった。彼はブーイングに値する人間ではない」と話し、サポーターの反応に怒りを示した。

■昨季、主将としてクラブ史上初の2部降格を経験した酒井

”男気残留”もスケープゴートに

1963年のブンデスリーガ発足以来、一度も2部降格を経験していない唯一のチームだったが、17-18シーズンについに降格。

2016年11月から主将を務めていた酒井は、多くの主力が移籍するなか、降格決定直後から残留の意思を宣言。

今季はリーグ戦31試合出場、うち6試合で主将も務めたが、ファンからは「今季のスケープゴート(戦犯・生贄)」とされている。

■今夏の退団が浮上している

アルビレックス新潟からドイツに渡り、シュツットガルトを経て、2015年7月にHSVへ完全移籍した酒井。

クラブとの契約は2020年まで残っているが、1年での1部復帰が断たれたため、今夏の退団が浮上している

■本人は「日本復帰」を希望

「最優先は家族」

「HSV以外でプレーすることは想像できない。チームに貢献できないと思ったら日本に帰る。日本でキャリアを終えたい」

「まだ日本に伝えることがいっぱいある。どこでプレーするのか、どれほど稼ぐのかは僕にとってもうあまり重要ではない」

「優先するのは、できるだけ自分の家族に近い場所にいられること」と話し、昨春に帰国した妻と2人の子供を思っての判断という。

高徳(´•̥̥̥ω•̥̥̥`) そんなことになってたんか。。

ハンブルグサポーターふざけんなよどんな思いで豪が毎年降格争いしてるくそチームでそのくそチームが2部落ちても男気で残った酒井のことブーイングとかふざけんなよ #HSV #酒井高徳

酒井高徳が夏の移籍でJリーグに戻るとしたらどこのチームだろ?古巣は厳しい気がするし、J1で後ろを整備したいチームだとコンサドーレ札幌・ガンバ大阪・ヴィッセル神戸・清水エスパルスとかかな。そこからある程度資金があるチームだと、結構限られそうだけど。サガン鳥栖は補強ポイントが違うし。

ふみぞーのコメントに高徳さんが… 一緒にサッカー…… ⤵︎ ︎ アルビで共にサッカーをしよう ⤵︎ ︎ (´;ω;`)現実になりませんか?? pic.twitter.com/930SDF5l0N

1 2