1. まとめトップ

意外…頭が良いわんちゃん ランキング

20位まで順次更新してきます。

更新日: 2019年06月10日

2 お気に入り 6855 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ブリティッシュコロンビア大学の研究結果を参照してのランキングです。

Dancingfishさん

そもそも知能って

人間に関して使用する場合は、知能とは、論理的に考えたり、計画をたてたり、問題を解決したりすること、また考えを把握したり、言語や学習などの知的行動を含む特性と定義できます。

動物の知能とは、元々備わっている本能行動や経験したり繰り返しで身につく学習行動に対して、先のことを見通して判断する行動を知能的な行動と考えることができます。

どの犬種でも200ほどの言葉を覚えて理解できるようになります。

第11位
ウェルシュ・コーギー

平均的なウェルシュ・コーギーは体高が約25 - 30cmで、体重は約15kgである。もともと牧羊犬で羊や牛を追うために開発されており、活発で頭がいいとされる。同伴動物として適していると同時に、シープドッグ・トライアル(羊追い競技)やアジリティ・トライアル(障害競技)にも適している。

第十位
オーストラリアン キャトル ドッグ

体高43〜51cm、体重16〜20kgの中型犬
性格は忠実で忍耐強く、知的であるが、やや神経質で人見知りする傾向がある。しつけの飲み込みや状況判断力が優れ、行動力と度胸がある

第九位
ロットワイラー

特徴
体高は雄61 - 69cm、雌56 - 64cmで、体重は雄45 - 59kg、雌40 - 50kgの大型犬。

モロサスタイプのがっしりとした筋肉質で骨太な体格。マズルは太く短く、アゴの力は強靭である。目は小さく、鼻の穴が大きい。耳は垂れ耳で、尾は飾り毛の少ない先細りの垂れ尾だが、短く断尾することもある。脚は長いが太く、指も大きく太い。背中と肩幅は広い。コートはスムースコートで、毛色はブラック・アンド・タン。

運動量はあまり多くない。かかりやすい病気は大型犬でありがちな股関節形成不全である。また、骨肉腫の発病率が比較的高い。体重が重いため寝床にはクッションのような物をひいておくと床ずれを防止できる

第八位
パピヨン

特徴
小型犬
性格・性質: 一見華奢だが割と丈夫、少し神経質なところがある。
体高: 約28cm
体重: オス1.5〜4.5kg、メス1.5〜5kg
寿命: 12〜15年

第七位
ラブラドール レトリーバー

大型犬に分類される犬種。元来、レトリーバー(獲物を回収 (Retrieve) する犬)と呼ばれる狩猟犬の一種であるが、現在はその多くが家庭犬として、あるいは盲導犬や警察犬などの使役犬として飼育されている。本来の使役用途である網にかかった魚の回収に適した、水かきのついた足があげられる。
ラブラドール・レトリーバーは比較的大型の犬種で、オスの標準的な体重は29 - 40kg程度、メスは25 - 32kg程度である

第六位
シェットランド シープドッグ

体長が体高よりやや長く、牧羊犬に必要な抜群の敏捷性とスピード、忍耐力を兼ね備えている。温和でやさしい表情からは、聡明さと警戒心の強さがうかがえる。
スタンダードでは小型のコリーという位置づけがあり、サイズは最も重視される要素となっている。ジャパンケネルクラブでは理想体高をオス37センチメートル、メス35.5センチメートルとしている。体重は、オス・メスともに10キログラム前後となる。体つきは筋肉質で、よく張った胸と引き締まった腹部を持ち、アウトラインは均整がとれている。頭部は上または横から見て長く、滑らかなくさび状に耳から鼻にかけて次第に細くなっている。顔つきも一見するとコリーと似ているが、頭部に対するマズルの割合は、長さ・太さともにコリーよりもコンパクトなものになっている。
被毛は、粗くて長い上毛と柔らかくて密生した下毛のダブルコートで、首まわりから胸にかけての飾り毛は最大の特徴となっており、メスに比べてオスの方が豊かである。毛色は、黒、ブルーマール、セーブルを基調として、白およびタンが配色される。

第5位
ドーベルマン

体毛は極短い。体は細身だが全体的に筋肉質で敏捷性、走力に優れる。その優美な筋肉質のスタイルから「犬のサラブレッド」とも呼ばれる。

一般的に本種のイメージとされる尖った耳と短い尾は、子犬のときに両方とも切断、切除することで得られるスタイルであり、本来は長く垂れた耳と細い尻尾を持っている[2]。また、この他にも前足の狼指を切断している場合も多い。これは外見的な理由の前者と違い、狼爪による怪我を防ぐ目的が強い。

毛色
一般的にブラック、レッド(ブラウン、チョコとも呼ばれる)が多く、ブルー、イザベラ(フォーン)等もある。また眼窩周辺、鼻口部、胸、足先にタン色のマーキングがある。アルビノである白い個体も存在する。ブラックとレッド以外の毛色は色素欠乏などの理由により特定の疾病が発症しやすいため注意が必要となる。

1 2