サモエドはロシア・ネネツ自治管区を中心としたサモエード族が旧くから共生してきた地犬との見解が広く知られる。3000年以上にわたって飼育されてきた原始犬に近い犬種である。中央シベリアのツンドラ地帯で暮らすサモエード族のもと、トナカイの番やカモシカ狩り、そり引きなどに従事していた。人とともに屋内で眠ることもあり、湯たんぽ代わりとしても用いられていたという。20世紀初頭からイギリス人繁殖家による本格的な改良が始まった。純白に輝く被毛と均整の取れたボディは人気を博し、当初は存在した黒やタンといった毛色はふるいにかけられ、ホワイト系が主流となった。

日本において、戦後の混乱期から高度経済成長期にかけて爆発的に流行した日本スピッツは、サモエドにジャーマン・スピッツを交配して、小型化したものであるとする説がある。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ロシア生まれのふわふわ犬・サモエドの可愛い画像集

可愛いサモエドが沢山。ロシア生まれのふわふわ犬。純白の毛と口角が上がっている顔、「サモエドスマイル」で有名です。ロシア生まれのふわふわ犬・サモエドの可愛い画像を集めました。

このまとめを見る