1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

男子沈黙…。女性下着のトレンドが「セクシーからナチュラル」へ

女性の下着がセクシー路線からナチュラル路線へ変化しているようです。

更新日: 2019年05月21日

19 お気に入り 113584 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を基に作成しています。

■女性の下着のトレンドが変化している

女性にとって“勝負下着”と言えば、異性に見られることを意識して選ぶ下着といった意味であったが、最近ある変化が

女性たちは、男性に好かれるために下着を買うセクシーなスーパーモデルのようには見られたくないと思っている

■米ではセクシーな下着メーカー「ヴィクトリアズ・シークレット」が落ち目に

「ヴィクトリアズ・シークレット」は、今までそのセクシーな路線で人気を集めてきた。

売上げピークは17年1月期の77億8100万ドル、営業利益ピークは16年1月期の13億9100万ドル(営業利益率18.1%)で、19年1月期は売上高73億7500万ドル、営業利益4億6200万ドル、営業利益率6.3%に低下

ヴィクトリアズ・シークレットは現在でもアメリカのランジェリー・ブランドとしてトップの地位にあるが、そのシェアは急速に低下

■代わりにナチュラルな下着を選ぶ人が増えつつある

下着市場では、より安価なノンワイヤーのブラジャーや、アメリカン・イーグル・アウトフィッターズ傘下の「エアリー」が提供するスポーツブラに乗り換える女性が増えている

68%が、以前ほどヴィクトリアズ・シークレットを好きではないと答え、60%が同ブランドを「不自然」あるいは「見せかけだけ」などと感じていた。

アメリカンイーグルの「エアリ」は16年1月期120、17年1月期123、18年1月期127、19年1月期129と既存店売上げ(ECを含む)をぐんぐん伸ばしてきたから、“セクシー”から“ヘルシーナチュラル”へと米国女性の下着の嗜好が大きく転換したのは間違いない

■アメリカだけではなく日本でも同様の現象が

「ブラトップ」を筆頭に、安価で着心地の楽な下着を続々と投入。中高年はもとより、ワコールが手薄とする10~20代の若年層も取り込み、この10年ほどの間でシェアを急速に拡大

ユニクロのブラトップは、キャミソールとブラがいっしょになっているため、楽に着ることができます。また、ブラ独特の締めつけ感もなく快適

■ネットもこの傾向に納得

洗濯機でガンガン洗えない下着なんてもう面倒だ‍♀️ 今、女性の下着に何が起こっているのか -- 加速するライフスタイル革命 | 企業戦略 | 小島健輔からの直言 | 商業界オンライン shogyokai.jp/articles/-/1730

何年も前からお気に入りはボクサー型。 今、女性の下着に何が起こっているのか -- 加速するライフスタイル革命 | 企業戦略 | 小島健輔からの直言 | 商業界オンライン shogyokai.jp/articles/-/1730

ヒラヒラのパンツを一切履かなくなって久しいけど、私だけじゃないようだね。 今、女性の下着に何が起こっているのか -- 加速するライフスタイル革命 | 企業戦略 | 小島健輔からの直言 | 商業界オンライン shogyokai.jp/articles/-/1730

世知辛い世の中だぜ・・・:(;゙゚’ω゚’): / 今、女性の下着に何が起こっているのか/ " headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019… "

今、女性の下着に何が起こっているのか(商業界オンライン) headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019… なんだこれ?笑 男も女もモテるために努力してるんでは無いのか、、、、 少子化に拍車が掛かってんなー! つまらない世の中。

この流れは本当に残念。いざそういう流れになったときに脱がしたらすごい生活感のある面白みのないパンツだったらぼくは悲しくなる。君が一番綺麗に見える下着をつけてほしいんだ!買ってあげてもいい! 逆に考えてみて。そういうタイミングで男がモモヒキ履いてたらって…。 headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…

■更に「水着」も同様の現象が

1 2