1. まとめトップ

アパート経営で失敗しないためにはどうすればいい?

将来に備えてお金を増やしたい時考えることのひとつに投資があります。アパート経営も注目される投資方法ですが、失敗しないためにはどうすれば良いでしょうか。ここではアパート経営失敗談と失敗回避の方法をまとめています。

更新日: 2019年05月23日

1 お気に入り 580 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

アパート経営で失敗しやすい人

物件を買いさえすれば稼げると勘違い
利回りを重視しすぎ
エリア選びを間違える
管理会社を活用しない
節税を目的に購入する
不動産会社にすすめられた物件を購入する
知識を得ていない

「アパート経営は儲かる」とだけ思って始めてしまう人には上のような特徴があり、失敗してしまうことが多いのです。

■逆に向いている人は?

相続税の節税対策をしたい
所有する土地の固定資産税を節税しながら、収益にもつなげたい
定年後に年金以外の収入を確保したい
金融商品以外で収益性のある資産を持っておきたい
不労所得を得たい
このような意思がはっきりしている人です。

成功しやすい人のポイントはいくつかありますが、中でも重要なポイントははっきりした意思です。
気持ちがブレてしまうと、不動産会社の言うメリットだけを真に受けがちで失敗しやすくなるでしょう。

アパート経営を失敗しないために知っておきたいこと

アパート経営のメリットや、リスクを管理するために知っておきたい基礎知識、実際にどんな手順で動けば上手な物件選びができるのか

■アパート経営の基礎知識

どのような形式で経営を始めるのか、規模はどのくらいか、自己資金はどのくらいにするのか、ローンをどのような形で組むのか、といった初期知識も必要ですが、経営のことだけではなく、アパート・マンションを取り囲む環境との関係なども重要になってきます。

■初期費用と必要経費

初期費用のことだけを考えるのではなく、その後の資金繰りのために、必要経費の把握などをした上で、きちんとした管理と運営の計画を練って行くことが重要になります。

■トラブル回避の方法

健全な賃貸住宅経営のためには「厳しい入居者審査システム」と「万全の管理体制」を備えた専門会社等にサポートしてもらうのも良いでしょう。

アパート経営の失敗事例

何も知らないままアパート経営をしてしまうと、多く起きている失敗を同じようにする可能性がたかくなります。
そのため、まずはアパート経営の失敗談から学びましょう。

■難点を確認しなかった

物件を販売した事業者が、購入者が地元の事情に詳しくないことをいいことに近い将来退去をすることが確実な入居者を無理にかき集め「満室」として販売したのでした。

利回りが高いということだけで購入を決めてしまい、利回りが物件は何らからの難点があるため安く購入できるということをあらためて思い知らされました。

■管理にストレスを感じる

入居者のクレーム・滞納・リフォーム代、そして入居者がいない部屋も目立ってきている状況です。最近では、この物件でストレスを感じるほどです。

■節税だけを考えていた

1 2