1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

ううっ、強烈!…Androidハイスペック端末新作出揃う

サムスン「Galaxy S10」「Galaxy S10+」、HUAWEI P30シリーズ、ソニーモバイル「Xperia 1」「Ace」、シャープ「AQUOS R3」。迷いますね。

更新日: 2019年05月22日

3 お気に入り 10252 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・サムスン「Galaxy S10」「Galaxy S10+」

ドコモからリリースされるGalaxyシリーズはハイエンドの「Galaxy S10+ SC-04L」、スタンダードの「Galaxy S10 SC-03L」、そして東京五輪とコラボした限定モデル「Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L」の3モデル。

KDDIは5月23日、サムスン電子製スマートフォン「Galaxy S10 SCV41」と「Galaxy S10+ SCV42」を発売する。発売に先駆けて、5月14日から事前販売予約を受け付ける。

・Galaxy S10/S10+の仕様

Galaxy S10/S10+は、ディスプレイ内蔵の指紋センサーや3眼カメラ、8GBメモリなどの高いスペックが目を引く。

Qi規格に準拠したワイヤレス充電機能では、他のQi規格準拠機器に電力を供給する「ワイヤレスパワーシェアリング」も可能に。外部接続端子はUSB Type-Cで、「USB Power Delivery(USB PD)」を使った急速充電にも対応する

アウトカメラは「広角」「望遠」に「超広角」を加えたトリプル構成で、それぞれ1200万画素、1200万画素、1600万画素のセンサーを備える。新設の超広角カメラは123度の視野角を持つため、風景撮影や大人数での集合写真撮影時に役立つ。

まだまだ続きますよ #GalaxyS10 | S10+ 発売記念 キャンペーン 憧れの最新スマホ #GalaxyS10 が・・・! 簡単2ステップでゲットしよう ①フォロー ②このツイートをRT ③結果がすぐ届く Instagramキャンペーンもspr.ly/6017EiwGN #GalaxyS10発売記念キャンペーン pic.twitter.com/HYP2ThV04T

・HUAWEI P30シリーズ

ファーウェイ・ジャパンが5月21日に新製品の発表会を開催。スマートフォンはフラグシップの「HUAWEI P30 Pro」と「HUAWEI P30」、ミッドレンジの「HUAWEI P30 lite」という3機種を披露したが、SIMロックフリーで取り扱うのはP30とP30 liteのみ。

P30 ProはNTTドコモが2019年夏に発売予定だが、SIMロックフリーモデルの発売は「現時点では予定していない」(ファーウェイ・ジャパン)とのこと。

HUAWEI P30 liteは、ミドルレンジモデルながら背面にトリプルカメラを搭載するスマートフォン。すでにY!mobile、UQ mobileが取り扱うことを発表済みで、auもストレージが128GBとなる「HUAWEI P30 lite Premium」が発売されることが案内されている。

今回初出しになったHUAWEI P30はSIMフリーでの最上位機種。スペックは6.1型有機ELディスプレー(19.5:9、1080×2340ドット、水滴型ノッチ)、SoCがHUAWEI Kirin 980、メモリー6GB、内蔵ストレージ128GB、外部ストレージはNMカードに対応する。サイズは約71.36×149.1×7.57mm、重さは約165g。

バッテリー容量は3650mAhで、SIMフリースマホの強みであるDSDVに対応する(ドコモ版HUAWEI P30 ProはシングルSIM)。

#HUAWEI_P30 リリース記念 新しいスマートフォンが登場! 今ならHUAWEI P30が抽選で5名様に当たる <参加方法> ①@HUAWEI_Japan_PR をフォロー ②このツイートをリツイート ③結果はリプライですぐわかる✨ club-huawei.jp/uncate/p30/ 毎日参加可能! 抽選は1日1回 pic.twitter.com/QH5LRaJgr7

今回の騒動でP30 proが投げ売りされたら買っちゃいそう。とはいえ今後の端末どうしよう。8年使ってたHTCが死ぬ寸前だから端末性能、カメラともに最高水準で価格は(林檎に比べたら)安いHuaweiのハイエンド端末に変えたけど…国内端末はボッタなわりに微妙だしと

・ソニーモバイル「Xperia 1」「Ace」

NTTドコモが16日、ソニーモバイル製のスタンダードスマホとして「Xperia Ace(SO-02L)」を正式に発表しました。

Xperia 1は、アスペクト比21:9という縦長の6.5型4K有機ELや、背面の3眼カメラが特徴のモデル。

Xperia AceはXperiaのコンパクトシリーズと同等サイズを維持しており、事実上のコンパクトシリーズの後継機種といっても良いでしょう。

Xperia 1とXperia Aceの外観上で異なるのは、本体サイズや形状以外で、カラーやカメラの配置、イヤホン端子穴の有無などです。

ハイエンドやミドルクラスのXperiaがいくつも発売されてきましたが、Xperia Ace(SO-02L)は日本だけのオリジナル端末とのこと。

以上NTTドコモ

「Xperia使いこなしガイド」では、Xperiaの基本的な使い方から応用まで、幅広い使いこなし術をご紹介しています! Xperiaをもっと知って、より自分らしく使いこなしちゃいましょう♪ #Xperia sonymobile.co.jp/myxperia/

・シャープ「AQUOS R3」

要するにシャープのフラッグシップスマホ AQUOS R3 は、3キャリアすべてから出ます。要するに。 pic.twitter.com/nwJtfL1JL2

1 2