長編デビュー作「キャラメル」が高い評価を得たレバノンの女性監督ナディーン・ラバキーが、貧しさゆえに親からまともな愛情も受けることができずに生きる12歳の少年の目線を通し、中東の貧困・移民問題を抉り出した人間ドラマ。

出典存在のない子供たち : 作品情報 - 映画.com

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

井浦新『こはく』も!夏公開のおすすめ「ヒューマン映画」

2019年夏公開のおすすめ「ヒューマン(人間ドラマ)映画」5作品のまとめ。『火口のふたり』、『こはく』、『存在のない子供たち』、『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』、『アマンダと僕』。

このまとめを見る