1. まとめトップ

建築のことをしっかり学べる専門学校について

将来建築関係の仕事に就きたい時、建築専門学校へ通った方がメリットは大きいでしょう。ここではどのようなメリットがあるかやおすすめの建築専門学校などをまとめています。

更新日: 2019年05月25日

1 お気に入り 697 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

建築の専門学校に通うメリット

さまざまな進路がありますが、その中で建築の専門学校を選ぶとどのようなメリットがあるでしょうか。

■就職率が高い

同校は不況の時期でも就職希望者全員が内定をもらっていました。もちろん就職率は100%。

一般的な総合専門学校や大学では、希望する企業から内定をもらえることは少ないといわれています。そのため、就活生は多くの企業へエントリーして、受かったところに就職するというのが現状。

■試験対策がしっかりできる

いくら独学で出来るとはいえ、やっぱり宅建でいう20%以下の合格率を通過するのは簡単なことではない。
学校ではそれらがカリキュラムとして組まれていて、試験対策は万全。

合格率の低い資格試験を確実に合格するには建築専門学校を利用した方が、効率良く学べるでしょう。
分からないところも先生に尋ねやすいメリットもあります。

■資格取得に有利

学校によっては在学中に二級建築士まで取得できるところもあります。建築士の最難関としては一級建築士があります。必ずしも二級建築士の資格が必要なわけではないもののあると有利になるので取る人は多いです。二級建築士でも仕事はできるので、いろいろな実務経験を積むことができます。二級建築士以外に取得が可能なのが木造建築士です。こちらも就職などに有利になります。

建築の専門学校の選び方

建築専門学校ごとに特徴があり、得意とするものは少しずつ違います。
あとで後悔しないためにも事前にあらゆる情報を収集し、間違いのない専門学校選びをしましょう。

■どんな講師がいるか

講師が学校によって当然違います。
どういった講師陣がいるかも、専門学校を選ぶときはとても重要です。

■就職先が充実しているか

専門学校によって太くつながっている企業が違うため、良い企業とつながっている専門学校を選ぶことが大切です。

おすすめの建築専門学校

どの建築専門学校へ通おうか迷ってしまった時は、以下のおすすめの学校をまずはのぞいてみてはいかがでしょうか。

■浅野工学専門学校

住まいを建てること、それは人の一生をデザインすること。
そんな社会に対して責任を負う力が浅野工学にはあります。
1929年の創立から今日までの歴史の中で培われた高い技術教育はもちろん、学生一人ひとりが「わかる」まで諦めないきめ細かな教育で、責任感のある建築士・施工管理者・コンクリート技術者を輩出しています。

■読売理工医療福祉専門学校

読売理工医療福祉専門学校では、
教育の柱として人間力・専門力・就職力・資格取得力・基礎学力の5つを掲げています。
 私たちは、普段の授業や補講、個別指導、課外活動などを通じて
この5つの柱の育成を目標に徹底して学生のめんどうを見ます。
教員と学生の距離を縮めるため、少人数制のもとで、学生一人ひとりに合わせた丁寧な教育を実践します。
その教育体系や手法は、いわば「読売式教育メソッド」といえるものです。

■青山製図専門学校

1 2