1. まとめトップ

住みたい!と思える快適な住まいはコレ。先進的スマートホーム「IoTマンション」

マンションにIoTを搭載した「IoTマンション」を提供しているサービスをまとめました。先進的スマートホームに住めれば快適な生活を送れること間違いなし。ぜひご一読ください!

更新日: 2019年05月22日

1 お気に入り 957 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

近未来のスマートホームに住みたい方へ、IoT搭載のマンションを提供しているサービスをまとめました。

hiroshi83さん

①リビングライフ

スマホで家電や住宅設備をラクに遠隔操作!

メーカーフリー配線型コントロール新システム「S-REMOS(エス・リモス)」

・時間設定した照明のタイマー制御
・外出時の消し忘れ確認 ・帰宅時の自動点灯

・温度センサーによる自動室温管理が可能

・外出先からのエアコン操作
・時間設定したタイマー制御により、帰宅時に部屋を快適な温度に

照明・エアコン・玄関ドアの動きや人感センサーの反応で、緊急事態を知らせます。 S-REMOS制御の全照明が点滅し、アプリとメールでアラート通知

・設置したカメラで防犯用としての撮影が可能
・動体検知し、音も聞こえます

・指示時間中に動作がないとアプリとメールでアラート通知

どこにいてもスマホで来客対応!

②清水総合開発×KDDI

より安全・便利で快適な暮らしの実現へ

時代を先取りした「IoTマンション」を提供

KDDIのコラボレーション型ホームIoTサービス『with HOME』を活用し、2019年1月より販売を開始する「ヴィークコート新川崎」の全邸にホームIoTサービスを標準装備する。

第一弾となる「ヴィークコート新川崎」(全33邸)の販売を2019年1月より開始する。

提供するホームIoTサービスは、まずスマートスピーカーによる家電コントロールサービスと外出先から子どもやペットの様子がスマートフォンで確認できるみまもりサービスから始める。入居者の反応や要望を聞き、サービスは順次拡充を図っていく。

外出先から家の中を見守れる、あんしんの毎日。

withHOMEアプリ対象機種:Android5.0以上またはiOS10.0以上のスマートフォン

『with HOME』は上記ホームIoTサービスをプラットフォームとして提供し、今後パートナーと共に新たなデバイスやサービスを開発・実装することで、サービスをさらに広げていく。入居者は対応するデバイスを購入するだけで、ホームIoTサービスの利用範囲をどんどん広げていけるのだ。

今後はKDDIとのパートナーシップをより強化し、顧客の声を反映した新しいサービス開発に協力していく。例えば「おはよう」と声を掛ければ、スマートスピーカーが反応してカーテンを開け、お湯を沸かす。モーションセンサーで室内の人の動きを感知し、防犯や高齢者の見守りに役立てる。先の話ではあるが、そんなサービスの実現も夢ではない。

ご利用いただけるwith HOMEデバイス

「with HOME」対応デバイスの一例

赤外線リモコン、センサー、ネットワークカメラ、スマートプラグなど多様なデバイスが揃っている。宅内に無線通信アダプタを設置し、スマートフォンの「with HOMEアプリ」から簡単に操作が可能だ。なお、スマートスピーカーは別売りとなる。※1 防滴(IPX3):「IEC(国際電気標準会議)」によって定められている防水の保護規格。鉛直から60度の範囲で落ちて来る水滴による有害な影響がない。

③三菱地所レジデンス×KDDI

1 2 3 4