1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

日本では存在感の薄い「デビットカード」

使ったその場で口座から代金が引き落とされます。したがって、支払いに利用する預金口座残高以上の金額は利用できません。

これまでのデビットカードはクレジットカードと比べると、消費者への還元メリットが低かったため、利用者の減少傾向が続いていた。

しかし、キャッシュレス化の流れでデビットカードに注目が

デビットカードを取り扱う金融機関は増加しておりファーストカードとしてのユーザー数の今後10年20年の推移を踏まえると、将来、デビットカードの利用状況は、ずいぶん変わると予測できます。

デビットカードは銀行口座と直結しているため・・・

見た目のイメージで、クレジットカードの派生型のように思われていますね。実際には現金払いの派生型だと言っても良いのですが。

利用の都度、その場で決済されるデビットカードは、現金決済に慣れた日本人にとって、とても使いやすいカードなんです。

また、ATM手数料がかからず、並ぶ手間も省けるメリットがある

銀行に預けているお金を下ろすときに、コンビニATMを使いますよね。そのときに引き出し手数料を払っていませんか?

デビットカード1枚持っていれば、カード払いして、その場で銀行口座から引き落とされるので、現金を持つ必要が今までよりは少なくなりますよね。

お買物がカードで済むから、ATMで現金を引き出す手間が省けます。また現金引き出し時にかかるATM手数料が節約できます。

クレジットカードではどうしても使いすぎてしまうが・・・

毎月自分で決めた額をデビットカード用の口座に入れておくことで、生活費や娯楽費などのお金の管理にも役立ちます。

即時「引き落としクレジット」なので、クレジットカードのように使い過ぎる心配がないのがメリットである。

使い分けのポイントとしては日常的な買い物はデビットカードで、大きな買い物はクレジットカードで支払うといったようにすれば、賢く使い分けができるはずだ。

近年、キャッシュレス派の若者の間でデビットカードがじわじわ普及

デビットカードは学生でも手軽に作ることができるので、“カードデビュー”には打ってつけといえるだろう。

「後払い」のクレジットカードとは異なり、支払い能力があるかどうかを確認する与信審査が基本的に必要なく、簡単に発行することができるのも特徴である。

気になるのは還元率ですが・・・

1 2