1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

hairissueさん

夏はヘアダメージが心配になる季節…

夏は、強い紫外線や日差しによるダメージ、
海やプールでのダメージ…神のダメージに悩まされる季節です。

夏のヘアダメージを軽減して、サラツヤな髪を保ちませんか?
夏を楽しむためのヘアダメージケアの方法&アイテムをご紹介します。

紫外線が最も強くなり始めるのは5月から

知っていましたか?紫外線量が最も多くなるのは、5月から。
五月はまだ大丈夫…なんて油断していたら、ダメージが蓄積されて、パサパサ髪になっちゃうかも…

紫外線はシミやシワの原因はもちろん、大量に浴びることによって皮膚がんや白内障などの原因になるなど、人体に大きなダメージを与えることが知られています。

紫外線の怖いところは、知らないうちにダメージが身体の中に少しづつ蓄積されるということです。

紫外線から髪を守るヘアケアアイテム

髪のダメージを守るには、毎日欠かさない対策が必須。
朝手軽にできる髪の紫外線ケアアイテムをご紹介♪
髪の紫外線対策は、スプレータイプのものが多いですよ!
中には、トリートメントに紫外線対策が施されているものもありますので、お気に入りを見つけてみてくださいね♡

近紫外線カットパウダー新配合。 日焼け止めの新常識、肌の深部に影響を与える近紫外線もブロック
サンブロック強度が国内最高基準値。 紫外線線UV-A波、UV-B波も、もちろん強力ブロック。
白浮きしない。つけた感触がほとんどしないサラサラ肌。新処方・サラサラ撥水パウダー配合
パラベン・フェノキシエタノールフリー、無着色、無鉱物油。刺激をおさえた優しい処方で、お子様にも。
5種類のボタニカルオイル配合。アルガンオイル、バオバブオイル、マカデミアナッツオイル、ホホバオイル、アボガドオイル

肌にやさしく低刺激の「マイルドUVカット成分」と天然由来のシアバター配合。海藻のエキスをはじめ、保湿成分もプラス配合で、しっとり艷やかな髪を応援。ヘアフレグランスとして、甘く可憐なローズの香り。

SPF25 PA+++
バオバブオイルがキューティクルに作用して思い通りに動く潤い感のある髪に。

【特長成分】
UVカット成分配合
スムーステクスチュアオイル(毛髪保護成分)
バオバブオイル(毛髪保護成分)
CMADK(毛髪補修成分)

トリートメントでサンカット効果があるなんて
とっても便利ですよね♪
サラツヤな髪もキープできちゃう優れもの♡

洗い流すタイプのトリートメント

洗い流すタイプのトリートメントは、しっかりと髪を保湿してくれて、栄養分を与えてくれるので、ひどく傷んだ髪も修復してくれるんですよ♡

指通りが悪い・ゴワゴワする・バサバサ広がる…その傷んだ髪に。
傷んだキューティクルを補修して、トリートメントの密着度を高める*!
もろくなったキューティクルの凹凸をうめて、補強して補修。トリートメントがつきやすい髪表面に整えます。
シャンプーをすすいだ後、軽く水気をしぼった髪全体に適量をなじませます。そのまますすがずに、トリートメントまたはコンディショナーを重ねぬりし、一緒にすすぎ流すのがおすすめです。
●みずみずしい果実と華やかな花々がつむぐブーケの香り

補修や保湿効果に優れた濃密美容成分と、ダメージで狭くなった髪内部の通り道を広げて深く浸透させられる革新浸透テクノロジーで、美容成分が瞬時にたっぷり浸透。しかも髪内部にとどめて密封するから、毛先まで極上のなめらかさです。すぐ洗い流せて手間要らず、なのにサロン帰りのような髪の仕上がりに。

カワイイも、キレイも ~ Perfect Beauty ~
”まとまる”黒のダメージ補修 ヘアマスク
痛んだ髪やパサつきに。さらなるダメージ補修を実感
ヘアマスクはアミノケラチンを7倍配合*
週2~3回のスペシャルケアに(トリートメントの代わりにもご使用いただけます)
内容量:150g

洗い流さないトリートメントでできるケア方法

サロンでよく使われているオージュアのトリートメントは、美容院などで購入することが可能♪
サロンで使われているだけあって、
自宅でもサラツヤ髪が叶えられます。

出典ar-mag.jp

まずは、髪の水気をしっかり切りましょう。
びしゃびしゃのままトリートメントをつけても、
髪に浸透しにくく、水と一緒に流れ落ちる可能性があるからです。

出典ar-mag.jp

水気がしっかり切れたら、トリートメントを適量手にとって、毛先から髪に揉み込んでいきます。
「毛先から」と「髪に揉み込む」ことが重要です。
特にオイルタイプなどは、トップまで塗ってしまうと
べたつきやすく、ボリュームがなくなってしまいます。

出典ar-mag.jp

次は、ドライヤーでドライ&ブローしていきます。
ドライヤーは絶対、上から下に向けて風を当てることを意識してくださいね♪
なぜかというと、キューティクルは毛先から開いていくため、
上から風を当てることによってキューティクルを閉じていくと、髪のサラツヤが持続します♪

1 2