1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

”スギノール”が左右両打席で連続弾!あれっ、ベンチの雰囲気が…

プロ野球 #日本ハムファイターズ #杉谷拳士 (すぎや けんし)選手が球団ではスギノール以来となる左右両打席でのホームランを放つ活躍。ベンチではサイレントトリートメントで杉谷いじり。「”スギノール”と呼んでください!」とアピールする様子が話題になりました。

更新日: 2019年05月24日

14 お気に入り 21721 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

日本ハムファイターズの新助っ人?

nyokikeさん

▼日ハムの連敗を4で止める杉谷拳士選手の左右両打席本塁打が飛び出した!

1000RT:【快挙】杉谷拳士、“まさか”の左右で2打席連発! news.livedoor.com/article/detail… 左右両打席本塁打は史上19人目で42度目。杉谷は「(球団では)セギノール以来ですよね。スギノールと呼んでください」と話した。 pic.twitter.com/sNjbvbMYE4

日本ハムの杉谷拳士外野手(28)が23日、楽天戦に「2番・中堅」で先発出場、2打席連続、さらに史上19人目(42度目)となる左右両打席で本塁打を放った。

杉谷は5回の第3打席では左投手の辛島とあって右打席に。9球粘りフルカウントからの10球目をとらえると、打球は左翼席へ。今季1号となるソロ本塁打となった。

6回の2死二塁で迎えた第4打席は、今野が右投手のため左打席に立つと、カウント1―0からの2球目を振り抜き打球はレフトスタンドへ。2打席連続の2号2ランとなった。

・左右両打席でのホームランは日ハムではセギノール以来12年ぶり

・明るいキャラクターの杉谷選手、口も滑らかでしたw

杉谷は「右打席より、左打席の方がいい感じで打てました。セギノール以来ですよね。これから『スギノール』と呼んでください。最後まで集中を切らさずに、全力でプレーします」とコメントした。

▼左右両打席弾でホームイン…ベンチでイジられた杉谷拳士選手

5回のソロ本塁打では、ベンチでチームメートから祝福のハイタッチを“拒否”され、1人で“エアハイタッチ”を繰り返した杉谷。

2本目こそは…、と思いきや、案の定、チームメートたちは杉谷のハイタッチをスルー。圧巻の2打席連発にも、全く同じオチが用意されていた。

・この無視はMLBで大谷翔平選手も受けた「サイレントトリートメント」

新人選手が初ホームランを打った際にサイレントトリートメントというメジャーでは定番のいたずらに引っかかった大谷翔平がかわいすぎる件 pic.twitter.com/15WtSOiWJL

メジャー球団では記念のホームランを放った同僚をあえて無視し、時間差で祝福する「サイレント・トリートメント」という流儀がある。

今回、大谷も本当はもっと放置されるはずだったという。チームメイトたちは一人で大喜びする大谷の様子をもっと堪能するはずだったが、思い切り抱きつかれたキンズラーは思わず爆笑。荒々しくルーキーを抱きしめた。するとダグアウトで“祝祭”はスタート。大谷はもみくしゃに祝福された。

・栗山監督は見てなかった?

試合後、栗山英樹監督は「相手のピッチャーのペースになりそうなところだったので、いいホームランだったし、よくやったと思います」と中田の勝ち越し弾を称え、杉谷の両打席アーチについて「あまり見てなかったですね」と言って報道陣を笑わせた。

さらに続けて「結果的にすごく大きいし、同じスイッチヒッターとして連続で右、左打つのはすごく難しい。拳士はいろんなことをやってくれますけど、本当に大きなものを持っているなと思いました」と「2番・中堅」での先発起用に応えた背番号2に目を細めていた。

▼西武本拠地や栗山監督からのイジりも定番ネタになった杉谷拳士選手

メットライフドームでの試合前の打撃練習の時間はもはや名物。杉谷が打撃ケージに入ると同球場のウグイス嬢からイジリ倒される。

みんなが笑顔になり、杉谷も打撃練習を終えるとイジってくれたウグイス嬢に「いつも感謝です」と一礼。そんな光景に観客は拍手を送る。

1 2