1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

青春ゾンビミュージカル『アナと世界の終わり』も!今週末公開の「おすすめ映画」

2019年5月第5週末公開の「おすすめ映画」5作品。『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』、『長いお別れ』、『さよならくちびる』、『アナと世界の終わり』、『LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘』。

更新日: 2019年06月01日

4 お気に入り 6369 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(5月31日公開)

2014年公開のハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』の続編で、前作から5年後を描く。

モスラ、ラドン、キングギドラなど続々と復活する神話時代の怪獣たちとゴジラが、世界の覇権をかけて戦いを繰り広げる。また、それによって引き起こされる世界の破滅を阻止しようと、未確認生物特務機関「モナーク」に属する人々が奮闘する。

前作から引き続き、芹沢猪四郎博士役を演じた渡辺謙が出演するほか、カイル・チャンドラー、ベラ・ファーミガ、サリー・ホーキンス、チャン・ツィイー、大人気ドラマ「ストレンジャー・シングス」のミリー・ボビー・ブラウンらが共演。

ゴジラ試写会レビューを見るとヒューマンドラマより怪獣バトルの比重が高いとか。 それよソレ見たいのは! あんまり内容が薄いのも困るけど、基本的には暴れる怪獣!その為に大きいスクリーンの劇場へ行くんだからさあ。 #ゴジラ #キングオブモンスターズ #怪獣

新作ゴジラ、試写会感想ぼちぼち見てたけど怪獣バトルメインなの本当らしくて凄く嬉しい。人間たちは怪獣たちになすすべなくひれ伏していて。

◆『長いお別れ』(5月31日公開)

認知症を患った父と家族の愛溢れる物語を綴った中島京子の小説を中野量太監督が映画化。

父・昇平の70歳の誕生日で久しぶりに集まった娘たちは、厳格な父が認知症になったという事実を告げられる。日に日に記憶を失い、父でも夫でもなくなっていく昇平の様子に戸惑いながらも、そんな昇平と向き合うことで、おのおのが自分自身を見つめなおしていく。

次女・芙美を蒼井優、長女・麻里を竹内結子、母・曜子を松原智恵子、父・昇平を山崎努、麻里の息子・崇を蒲田優惟人が演じる。

映画『長いお別れ』試写。身近でリアルな内容を、中野監督らしい独特な視点とタッチで描かれていて、愛の先、家族の奥に在る何かが見えた気がして、鑑賞後、不思議な感覚になった。山﨑努✕蒼井優のシーンが素晴らしすぎて、誰と振り返った時も、些細な出来事がたくさん浮かぶ人生を送りたいと思った。

『長いお別れ』試写。『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督の新作。中島京子さんの小説が原作で『湯を沸かすほど〜』が公開される前にオファーがあった作品だそう。認知症になった父とその家族の7年間。目の奥がツーンとするほど泣けたのは、自分も家族が大好きだからだと思った。 pic.twitter.com/kekTcdcMHD

◆『さよならくちびる』(5月31日公開)

『月光の囁き』などの塩田明彦監督が、若者たちの青春と恋愛を描いたロードムービー。

2人組女性ユニット「ハルレオ」のハルとレオは、それぞれの道へ進むため解散を決める。2人はサポート役である青年シマとともに日本縦断の解散ツアーに出るが、レオはシマに、シマはハルに思いを寄せており、ハルもまたレオに友情を越えた感情を抱いていた。

『恋は雨上がりのように』などの小松菜奈と『世界は今日から君のもの』などの門脇麦が主演を務め、『コード・ブルー』シリーズや『ニワトリ★スター』などの成田凌らが共演している。

映画「さよならくちびる」(5/31公開)試写。よかった。小松菜奈×門脇麦がデュオを演じ、秦基博×あいみょんが楽曲を提供。ぶっきらぼうで愛想なし。でも身ひとつあれば何にでもなれる。そんな若者の希望と刹那が映ってる気がした。それに二人とも歌うまっ! #eiga #さよならくちびる pic.twitter.com/KsfcnZh8Wa

『さよならくちびる』試写 当たる映画かわかんないけど 凄く好きな映画。 ファンタジーは無く 音楽の夢も現実も在る。 守られ育てられるアイドルと シンガーソングライターの覚悟と ひょいと超えられないハードル。 小松菜奈さんが歌う秦くん あいみょん、届く歌 音楽好きに聴いてほしい 5月31日公開 pic.twitter.com/Osa0SzATrm

◆『アナと世界の終わり』(5月31日公開)

鬱屈した日々を過ごす高校生たちがゾンビとバトルを繰り広げる青春ミュージカル映画。

1 2