2011年10月19日に自分の任期末までほぼカバーできる700億ドル の大型スワップに拡大してもらった後は、手のひらを返した。竹島に上陸したうえ、「日王は謝りに来い」と要求。問題を解決しようと野田佳彦首相が送った親書の受け取りまで拒否した。

出典「蟻地獄に堕ちた韓国経済、「日本と通貨スワップを結ぼう」と言い出したご都合主義」デイリー新潮

なめられまくりで笑えますね。弱腰外交の結果です。

徴用工問題でも、ここまで韓国に愚弄されても未だに制裁の1つも発動しない。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【日韓問題】河野外相、韓国外相を一喝「事の重大性を理解していない」【韓国外交で孤立】

徴用工問題等で、日本の河野外相と韓国の康京和外相が会談を行ったが、河野外相が「事の重大性を理解していない」 と韓国側を一喝。メディアの前で痛烈に批判するのは極めて異例。他にも日本側が攻勢を強めている。韓国は米中との外交関係も良くない。そんな日韓関係の状況等をまとめました。

このまとめを見る