1. まとめトップ

響き・語呂のよい日本史に登場する単語

日本史、歴史の授業で登場し、一度聞いたら忘れないような響きのよいワードを特集。

更新日: 2019年05月27日

1 お気に入り 358 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

一度耳にしただけで覚えられるような語呂のいいワードです。

moepapaさん

墾田永年私財法(こんでんえいねんしざいほう)

長いにも関わらず、響きのよさ、語感のよさで一度聞いたら覚えて忘れないような単語です。
日本史上最も響きがよいとも。
少しばかり漢字が難しいのが難点。

前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)

日本史初期で子供の頃に習う内容ながら、響きがよくスパッと覚えられるワードです。

東海道中膝栗毛(とうかいどうちゅうひざくりげ)

平等院鳳凰堂(びょうどういんほうおうどう)

禁中並公家諸法度(きんちゅうならびにくげしょはっと)

シンプルな漢字だけで構成され、なんか響きもよい人気ワードと言えばこれですね。

南総里見八犬伝(なんそうさとみはっけんでん)

江戸時代の歴史的な長編小説で、今なお愛され続ける作品です。

御成敗式目(ごせいばいしきもく)

漢委奴国王(かんのわのなのこくおう)・漢委奴国王印(かんのわのなのこくおういん)

漢字が短いのに、妙に長い読みと響きの単語。

螺鈿紫檀五絃琵琶(らでんしたんのごげんびわ)

歴史的な楽器で、名前までかっこいい件。

六波羅探題(ろくはらたんだい)

武者小路実篤(むしゃのこうじさねあつ)

人名ですが響きがいい。

公事方御定書(くじかたおさだめがき)

大政翼賛会(たいせいよくさんかい)

短いのにしっくりきてかっこいい響き。

日米修好通商条約(にちべいしゅうこうつうしょうじょうやく)

噛みそうな条約名ながら、歴史の定番ですね。

入唐求法巡礼行記(にっとうぐほうじゅんれいこうき)

天正遣欧少年使節(てんしょうけんおうしょうねんしせつ)

正法眼蔵随聞記(しょうぼうげんぞうずいもんき)

紅白梅図屏風(こうはくばいずびょうぶ)

軍部大臣現役武官制(ぐんぶだいじんげんえきぶかんせい)

諸社禰宜神主法度(しょしゃねぎかんぬしはっと)

あまり知られていない制度名。
かっこいいけどちょっとだけ言葉にしにくいのが難点です。あと漢字が難しい。

1 2