1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

『ゆらぎ肌』という言葉、自分は敏感肌じゃないから関係ないと思っていませんか?ですが、季節の変わり目には、肌の状態を悪化させる危険がたくさん潜んでいます。その原因と最も危険な季節。さらに簡単にできる対策法についてまとめましたので、ぜひご覧ください。

hakusan1さん

敏感肌でなくてもなる『ゆらぎ肌』とはいったいどんな状態?

『ゆらぎ肌』という言葉を聞いたことはありませんか?季節の変わり目など、肌の状態に悩んでスキンケアを検索すると、必ずというほど出てくる言葉。
いったいどんな状態を指すのでしょうか?

【ゆらぎ肌】=季節の変わり目や、急激な気温差によって、敏感になった肌

・肌がガサガサして化粧水が角層まで浸透しにくい
・ファンデーションがキレイにのらない
・肌荒れしやすい
・顔がかゆい、赤みがでてくる

「自分は敏感肌ではないから関係ない」と思っている方もいますが、肌が強くても状態がゆらぐことはあります。
上記のような状態を経験したことはあるのでは?特に季節の変わり目に感じているのなら、それはゆらぎ肌。
一時的に感じる方ならば、自分がゆらぎ肌に陥っていることに気づかず、過ごされているかもしれません。
ただし、放っておいてひどくなれば、かゆみが止まらなくなったり、ニキビが出たり。肌のバリア機能が悪化し、見た目にもすこやかさを失ってしまうため、注意が必要です。

季節の変わり目に肌がゆらぐ原因とは?

季節の変わり目になると調子を崩すなんて方もいますよね。体調を崩す方がいるように、お肌の状態が悪くなる方もいます。
急に気温が上がったり下がったり、空気が乾燥したり湿度が上がったりすれば、肌の水分量も調整しにくいもの。肌が乾いたり皮脂が出過ぎたりと、急な変化に合わせづらくなります。

季節の変わり目にあらわれるゆらぎ肌ですが、もっとも症状が出やすくなのは「春」。
ですが紫外線が強くなり、皮脂が多くなる「夏」にも十分な注意が必要です。

■激しい温度変化とホルモンバランスの乱れ

寒い時期より春夏の方が過ごしやすそうに思えるもの。ですが、暖かい季節から暑い季節に変わる際にも、気温や湿度が大きく変化します。
急に暑くなることで体のさまざまな機能を調整する自律神経もバランスが乱れ、体調を崩す方もいるでしょう。特に女性はホルモンバランスに影響が出やすいため、肌にも変化があらわれてしまいます。

■空気乾燥による肌の保湿不足

春から夏は空気が乾燥しやすいもの。火災が発生しやすいほど、どこにいても空気全体が乾いています。

春は広く空気が乾燥することがわかります。火災が発生しやすい条件となることが多い季節。

こんな空気の中に肌をさらしていれば、肌の水分はどんどん蒸発してしまうもの。うるおいというバリアを失い、たちまち肌の状態は悪化してしまうでしょう。

夏には多くの水分が蒸発しやすくなり、汗をかくことで体内の水分も乾いてしまいます。室内や乗り物で空調を使用することも多くなるため、よりお肌も乾きやすくなるもの。
こまめに水分補給をするように、肌にも十分な保湿ケアが必要になります。

■紫外線

強い日差しに含まれる紫外線に過剰に反応し、紫外線が当たった部分に肌荒れ・湿疹などのトラブルが起きてしまう!

紫外線アレルギーは一度発症してしまうと症状が抑えられても、場合によっては完治がなかなか難しくなるケースが多いとされます。また、現在症状が出なくても紫外線が「アレルゲン物質」として蓄積されて紫外線アレルギーを重症化してしまう恐れがあります。

紫外線によるダメージが強くなるのは4~5月です。実際に紫外線量が1番多いのは夏ですが、春先は増え始めた紫外線の強さに肌が慣れず、ダメージを負いやすくなっています。

気温や環境の変化による自律神経の乱れや乾燥した空気、花粉やPM2.5のような肌に良くない刺激が度重なった肌が、急に強さを増した紫外線に打ち勝つのは難しいもの。
肌の保湿力とバリア機能が低下し、肌荒れを起こしてしまうようになります。

春にダメージを負った肌のまま夏を迎えれば、強い紫外線でさらにゆらいでしまうことも。肌をすこやかに整えなければ、真夏の紫外線やエアコンの乾燥した空気にさらされ、より肌は傷んでしまいます。

ゆらぎ肌のときにできる簡単な対策法とは

肌の異変を感じたときには、シンプルなケアに切り替えること。丁寧にしようと手間をかけたり、アイテムを増やしたりすることは肌にとっては大きな負担になります。

保湿液は1種類に絞ったり、化粧落としはジェルやクリームタイプにするなどできるだけシンプルに、肌への刺激を少なくしてください。

1 2