1. まとめトップ

メジャーリーガー、ビル・バックナー氏の経歴・1986年ワールドシリーズ第6戦のトンネルエラー

メジャーリーガー、ビル・バックナー氏の経歴・1986年ワールドシリーズ第6戦のトンネルエラー

更新日: 2019年05月28日

2 お気に入り 452 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

メジャーリーガー、ビル・バックナー氏の経歴・1986年ワールドシリーズ第6戦のトンネルエラー

孔明0530さん

認知症など闘病の末、死去。69歳。

1986年ワールドシリーズ第6戦で、球史に残る痛恨のサヨナラエラーをしたことで知られるビル・バックナー氏が認知症など闘病の末、死去した。69歳。

ビル・バックナー氏は、1986年ワールドシリーズ第6戦で、球史に残る痛恨のサヨナラエラーをした。

ビル・バックナー

ウィリアム・ジョゼフ・バックナー(William Joseph "Bill" Buckner , 1949年12月14日 - )は、アメリカ合衆国・カリフォルニア州ヴァレーホ出身の元MLB選手(一塁手、外野手)。

経歴

ロサンゼルス・ドジャースより1969年9月21日に19歳でメジャーデビュー。1990年に40歳で引退するまで、1960年代 - 1990年代までプレーした「4ディケード・プレイヤー」であった。

通算打率.289の好打者として活躍し、ドジャース時代には1974年にナ・リーグ優勝し、ワールドシリーズ出場を果たす。1977年1月11日にリック・マンデイ他一名とのトレードで他の二名と共にシカゴ・カブスに移籍。1980年には首位打者を獲得した。1981年には唯一となるオールスターに選出された。

1984年5月25日にデニス・エカーズリー他一名とのトレードでボストン・レッドソックスに移籍し、1986年にはニューヨーク・メッツとのワールドシリーズに出場。この第六戦では痛恨のトンネルエラー(後述)を喫する。

翌1987年7月23日にレッドソックスを解雇され、28日にカリフォルニア・エンゼルスと契約した。さらに1988年5月9日にエンゼルスから解雇され、13日にカンザスシティ・ロイヤルズに移籍。オフにFAとなり1990年2月にレッドソックスと契約したが、6月5日に解雇されそのまま引退した。

2012年シーズン終了時点で通算成績のうち、出場試合2,517はメジャー歴代50位、打数9,397は45位、安打2,715は62位、二塁打498は60位、単打(シングルヒット)1,994は49位、犠飛97は36位、敬遠111は97位、併殺打247は34位である。

三振は少なく、通算では20.7打数で1三振(以下略)である。この部門において、1980年(32.1)、1982年(25.3)、1985年(18.7)、1986年(25.2)の4回リーグ最高の成績を残し、1979年、1981年、1983年、1987年も第2位であった。この部門でのメジャー歴代順位は94位だが、上位はほとんどが三振の少ない時代(主に1910年代以前)までの打者で、近年の打者の中では非常に優秀である。主に1970年代以後に活躍した他の好打者と比較すると、トニー・グウィンの21.4にはわずかに及ばないが、ウェイド・ボッグスは12.3、ロッド・カルーは9.06、ビル・マドロックは12.93、イチロー(2012年まで)は9.94と、バックナーの数字は際立っている。そのかわり、早打ちのため四球は少なく、通算450でしかない。通算打率.289に対し、出塁率は.321でしかない。

よほどワールドシリーズのエラーの印象が強いためか、レッドソックスの大先輩テッド・ウィリアムズよりも61本多い、メジャー歴代62位(2012年終了時点)の通算2,715安打を打ちながら、アメリカ野球殿堂入りは果たせていない。現時点で、バックナーよりも多くの安打を記録した選手で、殿堂入り資格(引退後5年以上経過)がありながら殿堂入りを果たせていないのは、永久追放となったピート・ローズの他、アル・オリバー、ペイダ・ピンソン、ハロルド・ベインズ、ラファエル・パルメイロ(薬物使用が発覚)、バリー・ボンズ(2013年に資格取得したばかりでなおかつ薬物疑惑を抱えている)のみである。

1986年ワールドシリーズ第6戦のトンネルエラー

1986年のワールドシリーズはレッドソックスとメッツの戦いとなり、メッツの本拠地シェイ・スタジアムで幕を開けた。レッドソックスは第1戦・第2戦を敵地で連勝。本拠地フェンウェイ・パークに戻って第3戦・第4戦と敗れたが、第5戦に勝って1918年以来68年ぶりのワールドシリーズ制覇に王手をかけて、シェイ・スタジアムに乗り込んだ。

そして迎えた第6戦。試合は、レッドソックスが2度リードを奪うがメッツは追いつき、3対3のまま延長戦へ。10回表、レッドソックスはこの回から登板したリック・アギレラを攻め、デーブ・ヘンダーソンの本塁打等で2点を獲り、ワールドチャンピオンまで、あとはアウトを3つ取るだけとなった。

当時のレッドソックスは、通常、リードしている試合の終盤には、足に故障もあって、守備のあまり上手くないバックナーに代えて、守備固めとしてデーブ・スティプルトン(英語版)を起用することが多かった。このシリーズでも第1戦に、1-0とリードした9回にバックナーに代えてスティプルトンを起用。0アウト1塁の場面でスティプルトンは送りバントを素早く処理して一塁走者を二塁封殺し、1-0の完封勝利に貢献しているのだが、この試合では敢えてスティプルトンを起用しなかった。

クローザーのカルビン・シラルディ(英語版)が2アウトをとり後1アウトとなったが、メッツが意地を見せ四番のゲイリー・カーターがヒットで出塁。続く代打ケビン・ミッチェルも0-2(0ボール2ストライク)と追い込まれながらもヒットで続き、レイ・ナイトがやはり0-2と追い込まれながらもタイムリーヒットを放ち、1点差に追い上げた。

ここでレッドソックスは投手をボブ・スタンリー(英語版)に代える。スタンリーはムーキー・ウィルソンを1-2と追い込むがウィルソンはファウルで粘り、7球目がワイルドピッチとなって三塁からミッチェルが返り同点。ナイトも二塁に進んだ。

ウィルソンは10球目を打ち、一塁への緩いゴロ。3アウトとなって延長11回に突入と思われたが、一塁バックナーがこの打球を痛恨のトンネルエラー。打球がライトへ転がる間に二塁からナイトが返り、メッツは奇跡のサヨナラ勝ちを収めた。

勢いに乗ってメッツは翌日の第7戦も逆転勝ちし、17年ぶり2度目のワールドチャンピオンに輝いた。 一方のレッドソックスはほぼ手中に収めていた栄冠を逃し、これも「バンビーノの呪い」かと囁かれた。レッドソックスは以後も2004年までワールドシリーズ制覇から遠ざかることとなる。

この時のボールは、2012年5月4日にダラスで行なわれたオークションにおいて41万8250ドル(約3300万円)で落札された。

またこの試合でバックナーが使用していたファーストミットとスパイクも2016年10月にオークションに掛けられる事が明らかになっている。

1