1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

授業中「生徒の脳の活性」を表示するという最新技術に色々な声

授業を受けている生徒の頭の中を「丸見えにする」という最新技術に対して色々な声が出ています。

更新日: 2019年05月28日

14 お気に入り 17655 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

東京大学と日立系ベンチャー・NeUが実験を行いました。

■生徒の頭の中を丸見えにするという技術が公開された

東京大学と日立系ベンチャー・NeUなどはきょう、「頭の中が丸見え」になる装置の実証実験を公開

装置が発する特殊な光で脳の働きを読み取り、生徒たちが集中して授業を受けているかリアルタイムで教師の手元にあるパソコンに表示

頭につけるだけで、集中して授業を受けているかどうかが分かってしまうといいます。

■ヘアバンド型の装置で計測するという

※画像はイメージです

鉢巻き型の計測装置を着けて実施。脳の中で記憶や思考を担う「前頭前野(ぜんとうぜんや)」の血流量を装置から出る近赤外線で測り、脳の活動を調べた

携帯型の脳活動計測装置(fNIRS)を頭に付ける。教師のパソコンに無線で計測データが送られる仕組み

この技術は、血流量の微細な変化をとらえて脳活動を計測し、最大40人分のデータをモニター画面に表示するもの

■計測することで「授業のやり方を工夫」することに役立てるという

開教授は「先生が各生徒の脳活動をリアルタイムで見ることで、授業のやり方を工夫できる。今後、生徒の家庭学習での使用も考えていきたい」と手応えを語った。

「生徒個々の脳活動の変化がリアルタイムで分かる。先生が話していることや授業内容が生徒にどう影響を与えているかを知ることができ、授業の内容を見直すきっかけになる」

実験は2022年度まで同高で続け、成果は生徒の習熟度に合った教材の提供などに活用するという。

■利用者は「ちょっと恥ずかしい」

生徒が授業に集中していない時には青、しっかり集中していれば、赤く表示される仕組み

根岸花怜さん(15)は「考えている時に脳活動の表示が赤くなってびっくりした。眠いと分かると恥ずかしいが、先生が授業を良くするのに協力したい」と話した

別の生徒(15)は「ちょっと額に汗をかくけれど、(脳活動を)見られているとしっかりやろうと思う。今後に役立つといい」

■この実験及び導入に関してネットから様々な声が

めっちゃ面白い。授業で使うようになったら世も末だが笑 観客の集中度合いで音が変化する音楽とか楽しそう。 「頭の中が丸見え」実験 授業改善などに期待 tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/smp/new…

WBS 頭の中が丸見え! ヘッドバンドのような器具 頭に嵌めると光で脳の状態を計測 最大40人の状態を監視 誰が授業に集中しているか 誰が、していないか パソコンの表示で見える。 授業の改善にも使えるらしい。 学生の監視だけでなく 労働者やボランティア サラリーマンの監視にも 便利そうだ! pic.twitter.com/D4phNdLT1N

頭の中が丸見えになるヘアバンド これは政治家の頭に付けておきたい。

理解できない生徒が悪い、ではなく、分かりづらい先生の授業のクオリティを上げる方向に向かって欲しい。 / 授業中の生徒の脳状態をリアルタイムで把握する技術、東大が高校で実証 (ニュースイッチ) #NewsPicks npx.me/5Qu2/kpj7?from…

WBSの「頭の中が丸見え」の話題を見て恐ろしくなった。専用機械を装着すると、生徒が集中しているかどうかがオンタイムで教師に分かるらしく、教育の改善が見込まれるのだと。教師にやらされる学びが何の役にも立たないことに気付かないのか。ダメな世の中だな。

教師の授業の質を測る用途であればいいと思いますが… 授業中の生徒の脳状態をリアルタイムで把握する技術、東大が高校で実証 newswitch.jp/p/17808?from=np

■更に、「自分の脳の活性」を計測する販売されているという

1 2