1. まとめトップ

今度は「カレー県」だと!?新潟県は、カレーに対する取り組みが熱かった!!

カレー県といいますと、香川県をイメージされる人が多いですが、カレーはどこだと思いますか?なんと新潟県が、日本一カレーを食べる県だそうで、今後カレー県としてPRしていくのですから驚きです。お米や野菜がおいしければ当然カレーもおいしいのかもしれませんね。

更新日: 2019年05月28日

1 お気に入り 2069 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

うどん県といえば、香川県

日本全国には、決してコシだけで勝負はしない絶品うどんがあり、嬉しいことにそれが都内で味わえる機会も増えてきた。

もはや旅行者のみならず、四国から飛び出し一大ブームとなっている讃岐うどん。

生産量・消費量ともに圧倒的で、「うどん=香川」というイメージも完全に浸透している。もはや、他県が割って入るスキマはないだろう。

なんと、カレー県に新潟が名乗りを上げただと!?

新潟県産の米や野菜を使ったカレーを通して新潟を「カレー県」としてPRしようというプロジェクトが始まることになりました。

このプロジェクトは、新潟を「カレー県」として全国にPRしようと、JA全農新潟や県漬物工業協同組合、東京の食品メーカーなど5つの企業や団体が県と連携して進めます。

27日、県庁で記者会見が開かれ、益田浩副知事や、県内出身でカレー・スパイス料理研究家として活躍する一条もんこさんらが出席しました。

見附市出身でカレー・スパイス料理研究家の一条もんこさんを「カレー大使」に任命。

オリジナルのメニューを開発して、県産のコメや野菜の消費拡大につなげたいとしています。

新潟のカレーに対する取り組みは熱い!!

総務省の家計調査によると、新潟市はカレールーへの支出金額が全国トップクラスであるというデータも出ています。

日本の平均が週に1.5食という中で、なんと新潟市は週に3.9食も食べていた。つまり平均の2.6倍だ。

おいしいお米に、おいしい野菜なら仕方がありません。

“スキー発祥100周年プロジェクトin新潟”のメインキャラクター“レルヒさん”を使用したご当地カレー「レルヒさんカレー」監修は新潟県、上越市、妙高市、湯沢町。販売元は新潟県観光物産株式会社。

全国的にも有名なスキー場が集まる3自治体「上越市」「妙高市」「湯沢町」の特産物を使用した個性あふれるカレー

このようなキャラクターがいるくらい人気です。

様々な声が

うーむ、特に有名なカレーなんて無かったような・・・ 普通にコメを前面に出して「おにぎり県」とかにすればいいのに (※鬼切りとかw) 新潟は「カレー県」 地元産のおいしい米と野菜をPR | NHKニュース www3.nhk.or.jp/news/html/2019…

1 2