1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

5月なのに各地で異例の猛暑に

5月として異例の暑さに見舞われる大きな理由のひとつに、上空ジェット気流の大きな蛇行が挙げられます。

気分が悪くなる前に水分補給を行い、外で作業中の方は、日陰で休憩をとるなど、熱中症に十分注意していただきたいと思います。

外暑いねえ〜 500のペットボトル2本消費しちゃったわ

これからの季節はペットボトル飲料を飲む機会が増えるが・・・

人の口には多くの細菌がいるため、ペットボトルに直接口をつけて飲むことで、中に菌が入り込んでしまうという。

唾液に含まれている菌が飲み残した飲料に入り、増殖してしまう恐れがあります。

特に、気温が高い日は菌が増殖しやすいという

一度開封した飲料は外気にふれて、空気中の微生物が入り込み、24時間後には50倍ほどの菌数になっていると言われております。

口をつけたペットボトルは1日で雑菌天国に… 口をつけた「麦茶」の細菌数は、24時間後に2万7千個になると食品微生物センターが研究で明らかに。一般的に菌が10万万個を超えると"腐敗の初期段階"となり、食中毒の危険性がある。細菌が繁殖しやすいのは気温は30℃前後。今日だ fnn.jp/posts/00350230…

直接口をつけずに飲むといった方法もあるが・・・

食中毒を防ぐためにペットボトルに直接、口をつけずに飲む"滝飲み"といった方法もある。

だが、食品の衛生管理に詳しい東海大学・後藤慶一教授は「口をつけなくても一旦、ペットボトルを開栓してしまえば、外気にさらされることになるため、空気中の微生物が入り込み、腐敗を引き起こす可能性が高まります」と指摘。

口をつけずにコップに注いで再度栓をした場合も、細菌などが入ってしまうことがわかっています

最悪の場合・・・

口から飲料中に入った微生物によって、ペットボトルが破裂する事例も発生している。

微生物(特に酵母)が増殖し、それらがつくった二酸化炭素でペットボトル内の圧力が上がるためだ。

ペットボトルの破裂で、骨折や眼の損傷といった重いけがをした事例も報告されています。一旦開封し、口をつけたペットボトルは放置しないよう十分気をつけてください。

とにかく早めに飲みきることが大事だという

後藤教授は「ペットボトルに口をつけないで、コップなどに移して早めに飲み切ること、残った場合には冷蔵庫に保存することで微生物の繁殖は穏やかになるので、一時的には保存というのは可能だが、できるだけ早く飲み切っていただくのがいい」という。

内閣府・食品安全委員会の資料(2017年5月)では、「口をつけたペットボトル飲料を保存し、再飲用することは望ましくない」と結論づけた

1 2