1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

楽しみ

TER8さん

「レギュラーという言葉はない。毎試合戦いがあって、ポジションがある」

「毎日改善というよりは、進歩していけるようにやっていきたいと思っている」

「仕掛けられる場面では勝負を挑む」

「取られたら取り返しにいく」

「最後の笛が鳴るまであきらめず闘う」

勝っていても巻けていても同点でも、
どんなに苦しい状態でも戦いなさい、走りなさい。
そうすればこの埼玉スタジアムは絶対に我々の味方をしてくれる。


そういう姿勢をみせずして、応援してもらおうと思うのは間違っている。
ファン・サポーターのみなさんは、選手が戦うところを見に来てるし、
浦和レッズのために何かをやってくれているところを見にきている。
埼スタが熱く応援してくれているのは、我々が戦っている証だ。

大槻氏の確立されたスタイルに皆魅了されている

筑波大学卒業後、宮城県富谷高等学校で教諭を務めながらJFL・ソニー仙台FCなどでプレー。退職後も複数のJリーグクラブでコーチを歴任し、2011年に地元クラブのベガルタ仙台のヘッドコーチに就任。データを駆使した分析のスペシャリストとして仙台のリーグ4位という好成績に貢献するが、1年で退団した。
2012年シーズンより浦和レッズの強化部スタッフに加入。

浦和レッズは28日、前ヘッドコーチの大槻毅氏が新監督に就任すると発表した。昨年4月に暫定指揮官を務めたが、正式な監督に就任するのは初めて。公式戦での指揮は6月1日のJ1第14節川崎F戦が復帰初陣になる見込みだが、“組長”の名で親しまれたルックスにも注目

親分の時間です。髪をオールバックにし、背広姿、強面の表情。まさにアウトレイジ

大槻氏は昨年4月、堀孝史前監督の契約解除を受けて暫定監督に就任。28日限りで解任が決まったオズワルド・オリヴェイラ監督に引き継ぐまでの6試合で4勝2分という快進撃を牽引し、不振にあえぐクラブを見事に救った。その後はヘッドコーチとしてオリヴェイラ監督を補佐。今季はクラブフロントに立場を移していた。

最近話題になってる浦和の大槻暫定監督のビフォーアフター 画像左before(ベガルタコーチ時代) 画像右after(現在) 浦和の監督になって何があった...(゜ロ゜) pic.twitter.com/nS7ak5hFEF

大槻氏は昨年4月20日、暫定監督としてのラストマッチを前にした記者会見の場で、自身のファッションの意図を説明。「日本のトップで仕事をするにあたり、僕自身も一緒ではダメだと考え、スイッチを入れなければいけないというのはあった。見た目で判断することは好きではないが、見た目が非常に重要であることも理解している」と述べていた。

神戸の、困った時の吉田監督。浦和の、困った時の大槻監督。が伝統芸になりつつある。

オリヴェイラ監督、去年の天皇杯優勝そして今シーズンの、ACLの舞台ありがとう御座いました。 大槻監督、今年も厳しいところからのスタートですか、期待してます。 また、浦和レッズを戦う集団にしタイトル獲得を。 そして、フロントは将来へのビジョンをしっかりと。 #浦和レッズ #大槻監督

3 - 大槻毅は、浦和の監督に就任してから最初のJ1での3試合で、全勝を記録した2人目の監督となった(2008年のゲルト・エンゲルスに次ぎ)。漢。 pic.twitter.com/djRdtqH8lp

な、なんと衝撃の情報が入ってきた。脱組長!?

暫定監督として指揮した際には髪にジェルをたっぷり塗り、オールバックにして試合に臨んだ。コワモテと相まって、「組長」と呼ばれた。ただ、今回は残りのシーズンを任される正監督となり、「あの時は知らない人が多かった。今はやっても鼻で笑われる」と封印する考えを示し、「正しい方向に向かえるように」と再建に全てを注いでいく。

1 2