暫定監督として指揮した際には髪にジェルをたっぷり塗り、オールバックにして試合に臨んだ。コワモテと相まって、「組長」と呼ばれた。ただ、今回は残りのシーズンを任される正監督となり、「あの時は知らない人が多かった。今はやっても鼻で笑われる」と封印する考えを示し、「正しい方向に向かえるように」と再建に全てを注いでいく。

出典【浦和】大槻新監督“脱組長”…昨季は「知らない人多かったから」今度は自然体で再建全力(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

前へ 次へ