1. まとめトップ
  2. 雑学

目からウロコ!世界の水に関する雑学まとめ

世界には、日本人が全く知りえないような水に関する雑学があります。普段何気なく飲んでいる水にも、さまざまな歴史や雑学があります。これを知ったら、もう以前のように何も考えずに水が飲めなくなるかもしれません。あるいは、水を飲むときに感謝したくなるかも!?この記事では、世界の水に関する雑学をまとめました。

更新日: 2019年05月29日

8 お気に入り 10871 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

世界の水に関する雑学1:人が水を買う習慣は意外に古かった!

世界的に見ると、「水を買う」という習慣は、相当昔からあったようです。

温泉(飲泉)が盛んだったローマ時代からミネラルウォーターは流通していたといいます。当初は、その「効能」が売りになっていました。ローマ皇帝が愛したといわれ、その水を求めて100kmに渡る水道橋が建設された「フィレッテ」。

<ローマ皇帝の愛した水>ラテン語で「渓流」を意味するフィレッテ。ローマ時代、世界の首都と呼ばれたローマ市内には11本もの水道が引かれていました。

その中でも最良の品質と讃えられた3本の水道の取水地はすべて、「フィレッテ」の水源であるグアルチーノ地方でした。 フィレッテはローマ皇帝からも愛された「王室ご用達」ミネラルウォーターだったのです。

一方、日本ではどうか。最近のことだろうと思いきや、明治時代にまで遡ります。兵庫県の平野温泉で湧く炭酸水が「平野水」として販売されました。

やがてその炭酸水にシロップを加えた「三ツ矢平野水」が売りに出されます。ご存知「三ツ矢サイダー」のルーツです。

世界の水に関する雑学2:宇宙ステーションでは尿が飲料水に変わる

水のない宇宙空間では、水のリサイクルが命綱となります。しかし、何でもかんでも飲料水にリサイクルできるわけありませんよね?そう思う方も多いはず。しかし、宇宙ステーションでは尿も飲料水にリサイクルしているそうです!

アメリカ航空宇宙局、NASAによる調べではアメリカ人は通常1日に10Lほどの水分を摂取するそうです。しかし国際宇宙ステーション(ISS)で働く宇宙飛行士達は、水の使用量を1日1.62Lまでに抑え、8.38Lほどの節水をして生活しているそうです。

そういった問題を考えて開発されたのが、配水浄化装置です。配水浄化装置は尿や汗などを飲用水に変えることができます。

世界の水に関する雑学3:尿は普通の飲料水より清潔な水になる!?

宇宙ステーションでは、尿から特殊な浄化装置によって飲料水へのリサイクルが行われていますが、相当清潔な水が作れるようです。

正直、尿と聞いて綺麗な飲用水をイメージする方は少ないことでしょう。しかし尿は適切に処理することで、地球上で飲まれている水よりも清潔な水が作れるのです。

無重力の中で不純物を取り除くためには、まず蒸留プロセスを利用します。そして尿から不純物を取り除かれた水は、シャワー・髭剃り・歯磨き・手洗いなどで出る配水や、宇宙飛行士の宇宙服の内側に溜まる汗や水蒸気と一緒にされます。

そしてこれらの再生水は処理装置を通り、髪の毛や糸くずといった固形物が除去され、高温の触媒反応によって残りの不純物が全て取り除かれ、飲用水となります。

世界の水に関する雑学4:水が原因で亡くなる人は年間340万人

毎年、飲料水の不衛生などが原因で亡くなる方は、世界で約340万人にも及ぶそうです。

発展途上国では水不足、衛生状態が悪い水の飲用などで、少なくとも毎年数億人の子どもたちが病気にかかっており、90秒に1人が水に関連した病気で亡くなっている。

世界の水に関する雑学5:世界で水道水を飲めるのは数カ国のみ!

日本では、ほとんどの人たちが水道水を直接飲んでいますが、日本のように水道水が比較的安心して飲める国は少ないようです。

世界から見た日本の水道は、水道の普及率は98%と、世界で最も安全安心なのが日本の水道です。

水道の蛇口から直接飲める直飲率、国連には193ヵ国の加盟国がありますが世界中で水道から直接水を飲めるのはたった16か国しかないのです。(調査年度・機関によって国数が異なります)

世界の水に関する雑学6:天然水とミネラルウォーターは違う

コンビニやスーパーなどで、同じ場所で売られている天然水とミネラルウォーター。同じものであると思われがちですが、実は違いがあるようです。

天然水とは、特定の水源地から採水された地下水に、沈殿・ろ過・加熱殺菌以外の物理的な処理を行わないお水です。

”ミネラル調整などが行われていないため、天然のそのままの状態を維持している水と言えます。天然水は限られた処理のみなので、採水した時のミネラルを保っているため、天然水そのものを味わうことができます。”

ミネラルウォーターとは?
天然水の中でも鉱化された地下水を原水に、ミネラル調整や、複数の水源から採水したものをブレンドしたものを指します。

ミネラルウォーターは、化学処理することで殺菌や脱臭をしているため、安全性に優れていますが、それらの処理をする時に本来含まれているミネラル分がなくなるため、ミネラル分を添加する必要があります。

ちなみに、動物に与える水はミネラルウォーターではないものがいいそうです。

1