1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

momonga777さん

上原多香子の夫コウカズヤ氏、ツイッター騒動で退団

SPEEDの上原多香子(36)の再婚相手で演出家のコウカズヤ氏(41)が29日、ツイッターを更新した。

出典ライブドアニュース

コウ氏が所属し、脚本・演出を務めていた劇団が同日、29日付で退団となったことを発表。「本人のSNSでの発言におきまして皆様へ大変ご不快な思いをさせてしまいました事、心よりお詫び申し上げます」と説明し、謝罪した。

出典ライブドアニュース

これを受け、コウ氏は一時閉鎖していたツイッターを再開し「その処分を真摯に受け止めるとともに、心から深く反省しております」とコメントした。

出典ライブドアニュース

コウ氏は5月、上原のツイートが取り上げられたことに立腹し、ネット上で暴言を連発。

出典ライブドアニュース

上原の前夫について「うちの嫁の前の旦那さんは、ツライことがあって生きるよりも死ぬことを選んだ。それ以上でもそれ以下でもないです。ぷー」などと、語尾に「ぷー」を付け、バカにするような表現があった。

出典ライブドアニュース

非もなく悩みながら亡くなった人を死人に口なしと思い貶すような事を言う人・・・人として最低

かるい。この男、軽すぎる。

ネット上では常識とはかけ離れたコウ氏の言動に批判が殺到。妻である上原の見識も疑われる騒動になった。

出典ライブドアニュース

コウ氏は29日、ツイッターを更新。「このたび、私のTwitter上での投稿で、多くの方々に不快な思いをさせてしまったことを、心よりおわび申し上げます」と謝罪した。

出典日刊スポーツ

続けて「私が所属していた劇団BuzzFestTheaterは今回の一件を重く受け止め、その責任として、私は劇団から退団処分を受けることとなりました」と報告。

出典日刊スポーツ

「その処分を真摯(しんし)に受け止めるとともに、心から深く反省しております。本当に申し訳ございませんでした」と再び謝罪の言葉で結んだ。

出典日刊スポーツ

コウ氏は今月、妻の上原を非難するネットユーザーとツイッターでバトルを繰り広げていた際、

出典日刊スポーツ

上原多香子

1. 16歳で男と半同棲
まだ高校生の年齢のときISSAと半同棲生活をしていた。もはやガッツリと重なり合っていた事に対して疑いの余地はない。

2. 16歳から10人と交際
ISSA (DA PUMP)、JESSE (RIZE)、山崎裕太、錦戸亮 (NEWS)、赤西仁 (KAT-TUN)、山本耕史、AKIHIRO、TENN (結婚) 、阿部力(不倫)、コウカズヤ。判明しているだけでこの数であり、おそらく20人以上とは関係を持っていたと推測する声もある。

引用元:http://buzz-plus.com/article/2017/12/20/uehara-takako-desire/

上原は昨年コウ氏と再婚し、第1子を出産している。事の発端は、上原が5月12日、母の日にちなんでツイートした内容にアンチコメントが殺到したことだった。

コウ氏が「また蚊の大群がウジャウジャ湧いてきました」「うっとうしい。実にうっとうしい…」と激しい言葉で応酬したことで騒ぎが拡大。

出典ライブドアニュース

なぜ、アンチコメントが殺到したのか。上原の夫だった男性は2014年に35歳で自殺しているが、その後、上原の不倫が自殺の一因だったと、週刊誌に報じられたことで上原はアンチコメントにさらされるようになったのだ。

出典ライブドアニュース

コウ氏はこうした批判に「夫婦間のこと、親族間のこと、僕も含めて一般の方々は全てを知る由もないですから。実情、あちらさんサイドの都合のいい表面的なところしか報道されてないので。少なからず、僕はあなたより真実がどうだったのかということを知っております。だから嫁と結婚できました」と猛反論したのだった。

出典ライブドアニュース

その発言は、自殺した上原の元夫にも及び、「うちの嫁の前の旦那さんは、ツライことがあって生きるよりも死ぬことを選んだ。それ以上でもそれ以下でもないです」と述べた。

出典ライブドアニュース

自殺をめぐっても「自殺するような子供になったら親の責任なんで、その時はそんな子供にしてしまった自分を責めますよ」と持論を展開して、さらに炎上することに。

「アンチコメントにさらされ続けている妻を守ろうとする意図は分かるのですが、感情的になりすぎていて事態を悪化させていました。敵意をむき出しにしており、火に油を注ぐとはこのことで、むしろコウ氏の発言が上原の株を下げていた状況でした」と芸能関係者。

出典ライブドアニュース

腹に据えかねたのも理解できるが、さすがにコウ氏も頭を冷やしたのか15日には「今は自分が子供だったと反省しております」とツイート。「もう二度とみなさんとは向き合わないので、今後は何を言われても貝にならせてもらいます」と宣言しツイートを削除、事の収拾にあたったのだった。

出典ライブドアニュース

むかつくならツィッターなんかすんなよ。バカッターといわれる所以だよ。

1