1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

がんゲノム医療に保険が6月から適用される…これによって多くの癌患者の希望の星に!!

がんゲノム医療は大変魅力的なものです。しかし残念なことに、高額というのが大きな弱点で、せっかく治すことができても、お金がなくて断念するのは嫌なものです。そんな中、遂に保険が適用されることが決定しました。これで多くの人に幸せを運べそうですよね。

更新日: 2019年05月30日

29 お気に入り 11910 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

がんゲノム医療とは?

がんゲノム医療とは、主にがんの組織を用いて、多数の遺伝子を同時に調べ(がん遺伝子パネル検査)、遺伝子変異を明らかにすることにより、一人一人の体質や病状に合わせて治療などを行う医療です。

「がんゲノム医療」とは、通常の治療に反応せず、手術で取り除くこともできない「がん」の遺伝子を詳しく調べ、遺伝子の変化に応じた治療薬を捜す試みです。

最近の「分子標的薬」と呼ばれる抗がん剤はある特別な遺伝子変化をもつがんに良く効くことが知られています。

遺伝子を調べれば、必ず治療につながるとは限りませんが、うまく使用できる「分子標的薬」が見つかった場合は、そのままの治療を続けるよりも長期生存の可能性、あるいは治癒につながる可能性があります。

なんとがんゲノム医療医療に保険が適用されるだと!?

遺伝子検査の結果、効果が期待される薬剤の情報が得られた場合には、「適応外申請を行って自費診療で治療を行う」、あるいは「先進医療実施病院を紹介して、自費診療と保険診療を並行して療を行う」可能性が考えられます。

検査に必要なシステムは、国立がん研究センターとシスメックス(神戸市)が開発した「NCCオンコパネル」と、中外製薬(東京都)が販売する「ファウンデーションワン」。

厚生労働省は二十九日、がん患者の遺伝子変異を調べ最適な薬を選ぶ「がんゲノム医療」用の検査について、公的医療保険の適用を決めた。

中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)に提案し、了承を得た。既存の治療法が効かない人などが対象。

今後どんな影響があるのか?

国内では未承認の薬などにも選択肢を広げて薬を探すことで、再び治療を行えるようになるケースが増えると期待されています。

1回当たりの費用は56万円。対象となるのは、手術や放射線治療などで効果がなかった患者らで、保険適用当初は年間1万人程度が見込まれる。

国は、「がんゲノム医療」をがん対策の重要な柱と位置づけていて、今後、患者から得られるデータを基にさらにがん治療の質を高めたいとしています。

今回、対象となるのは、こうしたことが原因で標準的な治療の効果が期待できなくなり、治療の手立てがなくなった患者などで、最大で年間2万5000人余りと見込まれています。

候補は、承認されている薬だけでなく、他の種類のがんの薬のほか、臨床試験が行われている開発中のものや、海外でしか承認されていない薬など選択肢を広げて探すことになります。

様々な声が

2つのがん遺伝子パネル検査が保険償還。「高額療養で8~10万円程度の自己負担」「標準療法がなくなった方対象」「ゲノム拠点(連携)病院にて」 「研究データベース(C-CAT)への解析結果の蓄積」が特徴です。いずれにしても、がんゲノム医療元年の幕開けですね。 oncolo.jp/news/190529k01

日本でもゲノム医療が、いよいよ始まりますね。 FoundationOneは標準治療がある間は噂通りのコンパニオン診断部分のみの保険算定…。 個人的には早いラインから変異をみて戦略立てるのも魅力的な戦略だと思ってたけどなー がんゲノム医療、一部患者で保険適用へ 遺伝子を解析asahi.com/articles/ASM5Y…

1 2