1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ラブコメから刹那な恋まで!やっぱり見たい「恋愛系」夏ドラマ

2019年7月期の「恋愛系」夏ドラマも、秘密の恋から純情系ラブストーリーまで多彩なラインナップ。『偽装不倫』、『ルパンの娘』、『凪のお暇』、『潤一』、『ランウェイ24』、『セミオトコ』。

更新日: 2019年08月29日

18 お気に入り 27782 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『偽装不倫』(水曜夜10時、日本テレビ)

東村アキコの同名漫画を杏主演でドラマ化。32歳独身、彼氏なしの派遣社員・濱鐘子(杏)が、一人旅に出掛けた飛行機の中で年下のイケメン・伴野丈(宮沢氷魚)と出会い、恋をするラブストーリー。

鐘子は伴野に既婚者だとうそをついてしまうが、今までに感じたことのない幸せを感じ深みにはまっていく。

杏の姉役に仲間由紀恵。独身なのに“既婚者”とうそをつく妹とは逆に、夫がいながら本物の不倫をする姉を演じる。

脚本は「のだめカンタービレ」「サバイバル・ウェディング」で知られる衛藤凛が担当。同じく東村原作のドラマ「東京タラレバ娘」を手がけた鈴木勇馬と南雲聖一が演出に名を連ねた。

◆『ルパンの娘』(木曜夜10時、フジテレビ)

横関大の同名小説を実写化。代々泥棒一家の娘・三雲華(深田恭子)と代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)との決して許されない恋愛を描くラブコメディー。

華の家族“Lの一族”が立てる盗みの計画の先には、泥棒逮捕を仕事とする和馬がいつも関わっており、華は大好きな和馬と泥棒一家の間で葛藤する。

◆『凪のお暇』(金曜夜10時、TBS)

場の空気を読みすぎてしまうOL・大島凪が、仕事を辞め、彼氏からも逃げ、郊外のボロアパートで人生リセットしようとすることから始まるラブコメディ。

「家族のはなし」の山本剛義、「映画 ビリギャル」の土井裕泰、坪井敏雄が演出として参加し、ドラマ「忘却のサチコ」の大島里美が脚本を手がけた。

◆『セミオトコ』(金曜夜11時15分、テレビ朝日)

山田涼介セミになる、岡田惠和が脚本手がけるテレ朝ドラマ「セミオトコ」で主演(コメントあり) natalie.mu/eiga/news/3340… #山田涼介 #heysayjump pic.twitter.com/RU7wZzo4qE

Hey!Say!JUMPの山田涼介が、7月スタートの連続ドラマ『セミオトコ』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)でテレビ朝日の連続ドラマに初主演する。

本作は、『南くんの恋人』、『ちゅらさん』など数々のヒットドラマを生み出し、近年ではNHK連続テレビ小説『ひよっこ』で橋田賞を受賞した脚本家・岡田による完全オリジナルストーリー。

さえないアラサー女子の前に、突然ちょっと変わった、でもすごく美しい年下の(セミの)王子様が現れ、こう言った。「あなたの望みを叶えるから、7日間、一緒にいて良いですか?」。ひと夏の出会いと別れの物語。7日間だけのキセキのラブストーリー。

◆『潤一』(金曜深夜1時55分、関西テレビ)

直木賞作家・井上荒野による第11回島清恋愛文学賞受賞作「潤一」を全6話でドラマ化。

女性たちを瞬時に魅了するミステリアスな青年・潤一と、様々な背景を持った16歳から62歳までの女性たちとの刹那的な愛を描く。

潤一を演じる志尊は、オールヌードで初のベッドシーンに挑戦。潤一と出会って別れていく女性たちには、藤井美菜、夏帆、江口のりこ、蒔田彩珠、伊藤万理華、原田美枝子がキャスティングされた。

志尊淳

1 2