1. まとめトップ

全然言うことを聞かないペンギンショー 『おたる水族館』北海道ならではの水族館

全然言うことを聞かないペンギンショーが可愛かったので、どんなところなのか調べました。調べ始めたら楽しくなってきました。

更新日: 2019年05月30日

1 お気に入り 1763 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

てんたらさん

■全然言うことを聞かないペンギンショー

おたる水族館名物「何もしない」を頑張るペンギンショーで唯一頑張ってる子が可愛い pic.twitter.com/W8SLTCYXks

■水族館名:おたる水族館

■住所:〒047‐0047 北海道小樽市祝津3丁目303番地

■おたる水族館の魅力

おたる水族館の魅力は全然言うことを聞かないペンギンショーの他に、北海道の環境を活かした魅力ある生き物たちと海の幸。

□自然に近い環境

水族館内にある「海獣公園」というエリアでは、海を仕切っただけの豪快なプールでアザラシやトドが暮らしています。

このプールは「海」そのものですので、コンブなどの海藻が生い茂り、魚が群れ、ウニやナマコなどの生き物も生息しています。

海獣公園に面した海岸線は国定公園に指定されており、野生のトドやアザラシをはじめオオワシやハヤブサなど、生態系の捕食上位者が生息しています。

こういった捕食上位者が生息できる環境とは、彼らが生きていくための餌となる生き物がたくさんいる証なのです。
「美しい」だけではない、「豊かな」環境が広がっていると言えるでしょう。

おたる水族館坂道と建物めっちゃ古いけど、ショーとかが10分ぐらいのが何個も続けてあって見飽きないし、面白いね pic.twitter.com/0YEmnU9WUE

□世界的にも珍しい ネズミイルカの飼育

北海道沿岸に生息する小型の鯨類で、学術研究目的以外には生体での保持が禁止されています。

当館では北海道大学水産科学研究院と共同で、定置網に迷い込んでしまった個体を保護し、その生態や習性などを研究しています。

□日本近海に生息するアザラシ5種類のうち4種類を飼育

アザラシだけでも飼育頭数約50頭で、この数は断トツで日本一です。
ほぼ毎年のようにゴマフアザラシが出産するだけでなく、ワモンアザラシの繁殖に世界で初めて成功した実績があります。

2019/05/11 撮影 おたる水族館へ行くと… うぉぉ #乾きアザラシ パラダイス! 乾きアザラシは暖色系に調整するとフワフワ感が増すので好きです さすが小樽。数が多い! #アザラシ #あざらし #おたる水族館 pic.twitter.com/I5suP7RvWe

□でかい!魚たち

北海道の広大な大地や、北国の厳しい自然を感じさせるトドなどの巨大な海獣類のほかにも、イトウやオヒョウといった体が大きな生き物もたくさんいます。

当館のイトウは1m超えの個体もおり、ワカサギの群れとの混泳展示は圧巻です!

当館で展示している特大のホッケは、重さはなんと1.5kgもあります。これを「開き」に換算すると約1kg!一般的な特大のホッケの開き(0.5kg)の約2倍にもなります。

□羊さんもいる

おたる水族館の羊さん雇用形態がめちゃめちゃホワイトで羨ましい。 pic.twitter.com/KV1Y0GSjsA

□ペンギンさんたちのお散歩もある

□日本一冷たいタッチプール

実際に手をいれる事で、北海道の冬の海でもたくましく生きている生き物たちの凄さを実体感できます。皆さんも水温約3℃の環境でどれくらい耐える事ができるのか体験してみてください。もしかすると想像以上の冷たさで水槽の底まで手が届かないかもしれませんよ。

□ペンギンショーにカモメも参加してくれる

□汽車の中吊り広告でも宣伝してる

1 2